カテゴリー別アーカイブ: 経営

『Qちゃん対談』完走記:日々「全力で高みを目指す」ということ。

35年間、完全インドア派で運動ゼロの生活だった僕が

「大好きなゲームでダイエットできるんでしょ(o・ω・o)?」

という超軽いノリで、任天堂のWii Fitを始め、

Wii Fitのゲーム「バーチャルランニング」をやってみ、

せっかくなので、外を2-3kmウォーキングし、

気づいたら、5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソン、北極フルマラソン、南極100kmマラソン、砂漠250kmチーム戦世界一、文藝春秋さんから「マラソン中毒者(ジャンキー)」刊行。。。

と、たかだか走り始めて4年ほどで

「こんなコトになっちゃうなんて(´・д・`)」な未来に遭遇できた。

 

「やっぱ、出来るかできないかワカラナイけど、ココロがときめくなら、

まずは小さな一歩でも動いてみるべし(=「ノータイムポチリ」)だよな」

 

本当に、小さな一歩が新たな思いもよらぬ展開を生み出し、信じられない未来へとつながっていくものだ。

 

そんなノリからアクションを続けていたら、

気づけばなんと、

シドニーオリンピック金メダリスト&女性アスリート初の国民栄誉賞受賞者である

高橋尚子さん(Qちゃん)との対談が実現してしまった(; ・`ω・´)!!

 

10437722_10152505945622148_64945731251799994_n

※大阪学院大学はQちゃんの母校です。

 

話せば長いのですが、僕が大好きなコトバ「縁(えにし)」というのはホント不思議なもので

様々な縁(えにし)の中で、News23のキャスター膳場さんの紹介で

News23に出演直前のQちゃんと出会う機会があり、

一方全く別ルートにて、大阪学院大学の総長の息子でもある白井かっちゃんとの縁があり、

今回の対談の実現につながった。

 

対談が決まり、対談前に初めて直接会ったQちゃんは、

あのシドニーオリンピックでの感動のゴールシーン(僕もライブで泣いて見てました)や

いつもテレビのスポーツキャスターでのエネルギッシュかつ笑顔一杯のQちゃんとは違い

その日のNews23への出演前の打ち合わせにて

とあるアスリートへのインタビューで感じたコトへの想いと

Qちゃんが文字通りリアルに体験した「高みを目指す」苦しみと葛藤を感じさせるトークを

強烈なエネルギーで炸裂させていた。

 

「アカン(´;ω;`)。オレ、あんなスゴい方と対談なんてアカン!!」

 

幼少時代はコミュ障で登校拒否&入院レベルだったボクなりに、そこそこ喋りはできる人間になってきたツモリだったけど、

あのQちゃんの、人並み外れた体験から裏打ちされた、

かつトテツモないエネルギッシュなトーク姿を見て、対談前からビビりまくりだった。

 

「ポチっちゃったからには、やるっきゃない。

むしろ、ポチちゃったから、そこへ努力するジブンが誕生する」

 

自分自身が、そうエラそうに発信しているコトを、

まさに自分自身で試す時が来たのだ。

そして、(ボク的に)夢の実現であるQちゃんとの対談の日がやってきた。

DSC_0244

 

300名入るホールは満席&立ち見や座り見、かつ、入りきれない方は隣のホールで中継映像を観るレベル(; ・`ω・´)。

もちろん、みんなQちゃんの話しを聞きたくて来ているのであって

「対談相手のオッサンの『小野』って、ダレ(´・д・`)??」

なワケである。

 

しかーも、事前打ち合わせでQちゃんと話すと

Qちゃん、いままでいわゆる講演は基本お断りしていて、

こういった講演的な場は今までになかったとのこと(;・∀・)

 

ヤバい、オレ、ナイスプレッシャー( ;∀;)!!

 

そうして、、、90分の対談は、

会場の熱気と興奮のなか、文字通り

「アッ( ・`д・´)!!!」

という間に終了。

 

これまで僕個人としても

小さくは10名ほど〜最大500名近い方の前で50回ほど講演をさせて頂いてますが

今回のQちゃんとの対談はこれまでに無い会場の熱気とエネルギーの空気感。

そしてなにより、対談相手の自分自身が、ものすごいエネルギーをもらった場になりました。

 

ものすごいエネルギッシュな話しを沢山Qちゃんから頂けましたが(90分、足りない!!!)

勝手に要約すると

「まずは、一歩踏み出してみること」

「踏み出したからには、全力でぶっつかること」

「辛く、厳しい時こそ、差を付けられるチャンスであること」

「その『辛い時』が『(チャンスという)楽しい時』と捉えられるようになった時から、劇的に成長した」

一方、大きな目標を目指しても、今とのギャップが大きいが故に

「いやいや、とても自分なんて」というコトもQちゃんですら感じる機会があったということ。

いきなりデカい目標を見ても、現状とのギャップで尻込みしてしまったり

何をどうしていいか分からなくなりがちではあるけれど

「まずは目の前で今出来るコトに、全力でとりかかるコト」から

その先が広がっていくということ。

そして何よりQちゃんのコトバから感じたのは

なにより、

高みへと目指してみたい、強いエネルギー。

 

それがなければ、人は成長なんて、できない。

そして、日々、継続していかねば、成長は小さく終わってしまう。

積み重なっていかない。

どんなスゴい人だって、ある日突然そうなったのではなく、

地道な努力の積み重ねの先にしかなりえない。

 

そんな、とてもシンプルで大切なことを

胸をエグられるような想いで教えて頂く機会でした。

(まだまだ、学んで伝えたいことありますが!)

 

これは、アスリートに限らず

今までにない新たな事業やサービスや産業や世界を創っていこうとする

スタートアップの経営者はもちろん、

全ての「よりよき未来」を目指す人に大切な事なのだと思います。

DSC_0245-SMILE

対談後、会場のみなさんとの写真にて

 

いやー、僕もゼロスタートで、まだまだ頑張らねば!!

今日が、有限という気持ちで、

今日一日を、全力で過ごさねば。

そして、せっかくの有限な生なのだから

より高い所を目指さねば。

 

そう、ココロを新たにした、とてもステキな時間でした。

ということで、頑張りましょう!!!

 

未来は、こんなにもオモシロく素晴らしい 〜 処女作「マラソン中毒者(ジャンキー)」が発売されました

 

35年間、超インドア派で運動とは無縁だった。

中高と、部活は吹奏楽部。

趣味は読書とネットとゲーム。

体育の成績は常に「上中下」の中もしくは下。

 

そんな僕が、仕事でもなく、単なるダイエットで始めたランニングがキッカケで

「マラソン中毒者(ジャンキー)」というタイトルで、

文藝春秋さんから本を今日、発売させていただきました。
マラソン中毒者(ジャンキー)

※紙の本、電子書籍、同時に発売させて頂いております。
趣味のゲームが興じて「ゲームでできるダイエット」として始めたニンテンドーWii Fit。

部屋の中からゲームで始めたジョギングが、気づいたら、ズブズブとランニングの世界にハマり

この4年間で、5kmラン、ハーフ、フル、100km…と

実に30回ほどもウルトラマラソンを完走し

北極や南極や砂漠らを走り、

日本を520km横断走り、ヨーロッパ最高峰のモンブランをぐるっと168km走り…

 

まさしく「マラソン中毒者(ジャンキー)」となってしまっていた。

 

「なんで、そんなに走るの??」

 

僕自身、こんな自分になるなんて、想像だにしてなかったのだ。

 

ただ、その時々にココロの羅針盤に従い

「ちょっと、オモシロそう、やってみたい」

なコトにチャレンジし続けた結果なのだ。

 

 やってみたら、運動は苦手でも、メンタルが重要なランは

意外な自分に向いていて、より自分の良い部分を引き出せると

気づくことができた。

 

そして、

「やるからには、徹底的にやり通す」

 

中途半端にやってしまうと、ケガも小さくすむかわりに

得られるモノも小さくなりがちだ。

コケる時は大コケかもしれないけど、

「なにそんなに真剣になっちゃってんの」とバカにされるかもしれないけど、

「ほーれ、そんなの、いきなりデキるワケないに決まってたんだよ」と否定されるかもだけど、

やるなら、全力でチャレンジすれば、

たとえ失敗に終わっても、得るものが大きい。

そして、達成出来た時の、喜びたるや。かけがえのないものだ。

 

最初は、小さなチャレンジだったとしても、

続けて、積み重ねていけば、必ず大きなチャレンジへと繋がっていくのだ。

そうしていたら、自分が「まさか」と思っていた所だって

いつか辿り着くことができる。

もしかしたら、全く自分が意識してなかった未来へと

自ら進んでいくことができる。

 

誰しも、限られた時間。

その中で、せっかくならば、

思いっきり、やりたいコトにチャレンジして生きねば。

知らなかった世界に、どんどん触れていきたい。

思いもしなかった未来に、自分に、出会ってみたい。

そんな未来ならば、どんなにオモシロく、素敵なことか。

いつ終わってしまうとも分からなくたって、素晴らしい人生じゃないか。

 

だから、走るのだ。と思う。

 

これは、別にランに限ったコトではなく、

仕事はもちろん、生き方そのものにも共通することだと思う。

 

そして何より大事なのは、

自分で、自分の未来をオモシロく創っていくチャンスは、

全ての、どんな人にも、常日頃から転がっている、ということ。

キッカケなんて、その辺にゴロゴロあるのだ。

 

けれど、そのチャンスは

「やってみよう」と

実際にチャレンジした者にしか、与えられない。

 

だから、まずは、アクションしてみればよいのだ。

難しいコトなんて、なにもないのだ。

 

「自分なんかに、できるのか?」

じゃなく

「自分は、やりたいのか?」

やってみたいのなら、まずはチャレンジしてみればいいのだ。

 

 

だって、まったく運動とは無縁で35年間も過ごしてきて

お世辞にも運動の技能は劣っている僕が

ランの世界で、こんなにもオモシロイ体験を手にして

知らない自分に出会う喜びにあふれた人生に出逢えたんだ。

 

走ってみたら、

「長距離ランは、技能より、メンタル。コツコツ努力が、必ず報われる」

という、実はボクにはピッタリの要素に詰まっていたコトに気がつけただけなのだ。

 

決して、特別な人の話でも何でもないのだ。

ランに限らず、チャレンジしてみれば

新たな自分を知れて、よりオモシロい未来に近づきやすくなるだけの事なのだ。

 

そんなボクの、わずかながらの体験が、

できるだけ多くの人にも共有できれば、

こんなにも幸せなことはない。

 

そんな思いで書いたのが、この本です。

 

こんなにも面白く、素晴しい人生に出会えるなんて。未来を創れるなんて。

ランナーはもちろん、スポーツに関係ない人でも

ビジネスマンでも、リタイアした方でも、

すべての人に、少しでも何かエネルギーを共有できたら、嬉しいです。

成功するな、成長しろ

今朝、坂道トレーニングで、ヨダレを垂らしてゼェハァ走りながら考えた。

「『トレーニング(Training)』って『トレイン(Train、列車)』が語源だったよな…。

オレ、十分に、引っ張りきれてんのか? オレ自身を。」

 

そう。トレーニングとは、自らを(列車のように)引っ張ること。

ちょっとキツ杉なんじゃね?無理じゃねってレースや練習にチャレンジすると、

苦しいけど、成長スピードは早い。

でも、ゆるーくラクなレースや練習ばかり選んでいると、日々、成長の機会を失ってしまう。

 

仕事上、様々なベンチャー経営者やベンチャー起業家のタマゴらと話をする際

「成功する経営者の条件ってなんですか?」と聞かれる事が多い。

知らんがな。オレ自身、まだ成功途上なのだ。

年商10億円の事業を創って成功と思う人もいれば、

リクルートのように「年商100億円いかないとビジネスじゃない」という考えだってある。

つまり、「成功」の定義なんて、人それぞれ。

 

でも、一般的に周囲から「成功した」と言われる人の多くに共通してるのは

本人は「まだ成功したとは思ってない」という事実。

そういった人たちは、目標を常に高めへと引っ張り上げ続けている。

ある目標を達成(一般にはこれを「成功」と呼ぶ)したらすぐ、「さらに次の目標を」といった具合に。

常に上の目標へと自分を引っ張りあげようとするので、結果的に、常に「成長」し続けやすい状態に身が置かれているのだろう。無理してってよりも、なかば習慣的に。

 

うん。キリが無いね。終わらないね。マグロと一緒「止まったら、死ぬ」カモ。

 

「小野さん、砂漠3つ走って、北極、南極走ったら、もう走るトコないでしょ?」言われるけど、

まだまだいくらでもチャレンジできるのも一緒なんですが、まぁ、それはさておき。

 

何が言いたいかってと、

「成功」なんかに囚われないで、「成長」目指そうぜってコト。

「成功」なんてものは、見る人によって変わるモンだし、

そんなモンに囚われるから、「失敗」がコワくなる。

目標めがけて走ってりゃ、達成できなくたって、途中でコケたって、

目標が高いほどに成長は期待出来るのだ。

 

仮に多くの人から「アンタ成功した!」って言われても、

「オラ成功しただ!」と浸ってしまうと、そこからの成長は止まってしまうかもしれない。

 

コレは、ランも、メンタル力も、ポジティブ力も、洞察力も、決断力も、語学力も、プレゼン力も、ハニカミ力も同じジャマイカ。

日々トレーニングして(成長すべく、自分を上へと引っ張って)なきゃ、

ゆるやかに落ちて行くし、突然強くなれるモンじゃない。

 

ということで、まだまだ課題まみれのボクは、

もっと激しくクレイジーにトレーニングしていく所存でございます。

YOU、DOしちゃいなYO!

最初にお断りを。

今日はラン(だけ)のお話ではございません。

 

今朝の早朝ランは、とびきり気持ちが良く11kmを快走。

2週連続100kmマラソンを(ダイコンの格好で)完走して2日後ということもあり、

朝起きた時は、お馴染みの敵「言い訳クン」がわんさか出てきやがった。

でも、もうヤツらとは過去何度も闘ってきてるので、対処法はわかってる。

 

そういう時は、カタチから入って、逃げにくくしちゃうのだ。

僕の場合は、起き上がるなり、まずはランニングウェアを着てしまうのだ。

 

「あれれ?何だか、走らなきゃイケない格好になってるんでないかい?

オレσ(´・ω・`)?」

 

走りだすまでが、一番のハードル。

走りだすと、以外に気持ちよく走れてしまうモンなのだ。

しかも、100km走った直後だと、脚も心肺もダメージは残っているけど、

それ以上に「もっとタフだった記憶」が残っているので、

11kmくらいのランなど、へっちゃらに感じてくれる。

走ってみたら、実にいいペースで追い込めた。気持ちヨカッタ。

 

 

仕事などで、いいアイデアが出てくる時は、ランニング最中の時が多い。

たぶん、走っている間は肉体的に余裕が無くなるので、余計な事を考えられなくなるから。

そうすると、よりシンプルに物事を考えざるを得なくなり、

悩んだり考えたりしている問題の枝葉が削ぎ落とされ、

幹の部分、つまり一番ダイジな部分だけにフォーカスを当てやすくなるからだと思う。

 

あとは、筋肉は求めているかもだけど、脳にとっちゃ

「おい、血液の野郎。そんなに、バカみたいに送りつけてくるんじゃねーよ。酸素、糖分のヤツらを。」

ってなカンジで、普段以上に脳も活性化してるからなんじゃないだろか。

 

今朝も、そんな具合に、走っている間に、

仕事の事、自分の事、未来の事、いろいろ思考のヒラメキがあった。

そして、何より感じたのは、

「まだまだ、DOが足りてんよな、オレ。

もっと、DOせねばだな。」

とのこと。

 

ビジネス用語でおなじみの

「PDCAサイクル」:Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)。

PDCAを回すほどに、事業を継続的に改善を早めて成長に導ける、という手法論。

仕事の場でも

「いっくら、Plan(計画)でウンウン唸ってもなーんも始まらん。まずはDo(実行)してみなきゃ。

たとえPlanにアラがあっても、Doしなきゃ、それがアラなのかどうかなんて分からない。

アラだったら、後からCheck/Actで改善すりゃいい。

でも、Doしない事には、Check(評価)もAct(改善)もできないんだから」

といった趣旨の事をよく言うのだけど、

今自分が描いているビジョンに対し、どこまでDoできてんだ?オレ。

 

求めてる夢に、今のレベルのDoで届くのか?

もっと、恥や失敗なんて恐れずに、打席に立ちまくってチャレンジすべきなんじゃないのか?

 

後悔したって、始まらない。

今日から、もっと視点を高めて、どんどんDoしていこう。

Doしだすまでが、一番のハードルなのだ。

Just Do it.

 

 

まずは、ヨメからの

「テメー、一昨日の100kmで着たダイコン、早く洗え。

小動物なら逝けるニオイ付き発酵ダイコンになっちまうぞ。」

の教えにそって、洗濯をDoしよう。そうしよう。

 

新事業プラン

シーエー・モバイル内では

いつでも誰でも「新規事業/新規サービス」の企画を

社長室に直に投げ込める制度を設けてます。

2月中旬から3月頭までで、新規事業募集のキャンペーンをはったこともあり、

多くの社員から約20ほど新規事業/サービス企画が提出されました。

昨日は、その新規事業プランの審査会。

審査員はシーエー・モバイル全取締役(3名)と社長室。

もう少し練りたいプランや創意工夫が足りないプランもありましたが、

2~3オリジナリティもあり魅力的なプランがあり

今後実現化に向けより企画を深めていき、

3月19日に結果が発表されます。

発表は社内だけになりますが、楽しみにしていてください!

マネージャー合宿

先週、金曜・土曜とマネージャ合宿を行いました。

毎年、2~3回のペースでマネージャ合宿を行っており

今回は、マネジメントや長期ビジョンの共有などがメイン。

昼の議論も夜の飲み会も、おおいに盛り上がり

普段なかなかコミュニケーションを取る機会が無い人同士で

考えや志を語り合うなど

非常に価値ある時間になりました。

個人的にも、いくつも課題を気が付かされ

反省するとともに改善のチャンスが見つかりうれしい限りです。

この合宿の内容を、各マネージャが各部署に共有し

未来のマネージャが育ち、

次回の合宿には更にたくさんの新マネージャが

アツい議論を生み出してくれることを期待しています。

まずは自分も合宿で見つけたToDOを今日より

こなしていきます。

頑張りましょう!

任天堂ってすごいですね

昨日今期予想を上方修正した任天堂ですが、

売上9000億円、経常利益2100億円

@従業員3000人強って、改めてスゴイですね。

有名なお話ですが、

昔は花札やトランプのメーカーだったんですよね。

創業から100年ほど経った今でも

ゲーム商品の提供という軸は保ちつつ

次々にあらたな技術の中で商品を提供しユーザーの支持を拡大し続けているのは

改めて尊敬の念を感じます。

昨年初旬の発売からたった1年ほどで1000万台が売れているDS liteにしても、

いまだに発売時には行列ができるほど品薄状態。

Wiiも今年3月までで600万台販売の予想だそうで。

徹底してユーザー志向とイノベーションの継続によって、

100年経った今でも商品力を保てているのだろうなぁと想像してます。

いまさらながらなんですが、思わずエントリーしてみました。

ネットの世界で100年後にユーザーサービスって、

ちょっと想像の域を超えてしまいますね。。

ユーザー視点とイノベーションの継続、頑張ります。

世界経営者会議


日経が主催する


世界経営者会議

なるものに、参加してきました。

デル ロリンズ社長兼CEO


3M バックレー会長・社長兼CEO


Siemens クラインフェルト社長兼CEO


ノバルティス バセラ会長兼CEO


NTTドコモ 中村社長


HONDA 福井社長


資生堂 前田社長

他、

楽天、CCC、コダック、ベネッセ、MUFJ、アドビなどなどの

各企業のTOPの方々と会議






するのではなく・・・

スピーチを拝聴してきました。

テーマは

『伸び続ける企業の条件』


普段めったに聞くことのできない経営者からの話を聞け

まだ規模も小さく歴史も浅い当社にも活かせる要素がたくさん学べました。

さまざまな話がされていましたが、

小野なりに感じた各社が重視する共通点として

ビジョンの共有


多様かつ優秀な人材の確保と教育


経営の「特効薬」探求に惑わされず、着実な課題解決の継続

そんなことを考えながら

ドコモ中村社長のプレゼンを聞いていた際、

スクリーンに当社の社名が映し出され

ドキっとしました。

そうそうたる経営者のスピーチの中で、

何百人の聴衆を前に自分の社名が出るのは、誇らしいことですね。

今回、当社は聞くだけでしたが、

何十年後かに当社もスピーカーとして立てる日が来るよう

努力を続けて行きたく思います。

チャンスは、信じる者にのみ与えられる

信じて努力し続けることが重要ですね。

頑張っていきましょう!!

フロア拡大

今日から

5階、6階にくわえ、新たに7階にもオフィスができました。

↑人もいないので、広々感じます。

朝早いので、まだダンボールだらけです。

↑ご主人様の出社をまっているのでしょうか。。。

インフォスタワーに移ってから約3年が経ち

オフィスも人員も約3倍になりました。

生み出すサービスや事業、中で働く我々のクオリティも

同様に成長していかなくてはですね。

あらたな気持ちで、頑張りましょう!メラメラ

経営合宿

今日は執行役員以上のメンバーで1泊2日の経営合宿にきています。

↑経企のNさんOさんが直前まで作り上げてくれた

今回合宿の資料です。

今期を含め中長期の戦略をみっちり議論します。

毎回、合宿でよい施策がきまっているので、今回もアウトプットが出せるよう

がんばります!