カテゴリー別アーカイブ: 南極100kmマラソン

【南極100kmマラソンへの道】20「さらなる道へ」

 

「自分の創るチャレンジが、自分の未来を創る。」

今回の南極壮行会でも、
過去の砂漠マラソンの壮行会でも、

プレゼンで使ったフレーズ。

3年半前
ランどころか35年間運動ゼロだった自分。
3年半後
まさか南極を

しかも100km走るなんて

そんな未来を
想像なんてできたワケない。
フルマラソン走ることすら、
これっぽっちも「当時の未来」にはなかったコトだ。

自分が何ができるのか、

どんな未来に進めばいいのかなんて、

そもそも最初っからわかるハズなんてない。

でも、誰にでも何かしら、
「自分のココロがビビっと来る」経験は持っているハズ。
そんな時に大事なのは
ただ、

ココロのままに、アクションしてみるべし。

チャレンジしてみるべし。

というコト。
チャレンジして
うまくいくかどうかなんて、やってみなきゃわからない。
正しい道かなんて、わかるハズがない。
でも、少なくとも、
何もアクションせずに「過去からの延長線上の今日」を過ごすよりは、

間違いなく、今までにない経験を得るはずだ。

動かなければ変わらなかったハズの風景から、
動くことで、何かしら新しい景色を目にするはずだ。
それは、チャレンジするコトへの自信だったり、

成功や失敗で得た、自分の現状の再認識だったり、新たな可能性だったり。

そんな、最初のちょっとしたチャレンジで、
新たな風景に出会い、新たな自分に出会い、
ぼんやりながら、自分の進んでみたい道が浮かんでくる
そうして、ぼんやり浮かんできた道すじの中で
次の更に上のチャレンジが生まれ、
気づけば、自分を取り巻く世界が、

自分の未来が大きく創られていく
「南極を100km走る」ことだって、
3年半前のボクが
「ダイエットでWii Fitやってみっか」

という小さなチャレンジからぼんやり見出したわずかな「道すじ」だったに過ぎない。

(今から見ると笑っちゃう程ちっぽけなチャレンジかもだけど、
そこで笑わったり、「無いよな」とかカッコつけて恥じて辞めちゃいけない。
そしたら、今の自分が得られていなかったのかもしれないのだから。)

そんなぼんやりな「道すじ」を頼りにちょっと走り始めたボクが
「フルマラソン走っちゃったら、スゴいかもな」

と思いノーポチってしまい、
フルを何度か経験したボクが
「100kmマラソンとかって、想像つかないけどスゴそう」

とノーポチり、
はたまた、
「砂漠を250km走っちゃうとか、ヤヴァそうだよな」

とノーポチっていくように。
気づけば、

3年半前には想像だにしない自分の未来が生まれている。

そうして、何より

3年前には出会うはずがなかった仲間に出会えている。

3年前には気づけなかった、

「人生の有限さ = 今日一日を、命を燃やして生きる」

「一期一会の大切さ」

「人に勇気やパワーを与えうる、自分の可能性」

いろんなコトを、

実感できる自分が創られている。

ランでチャレンジが増えてから、
「小野さんのおかげで、
 
ボクもスゴい変わったんですよ。
 
ありがとうございます!」
と言って頂ける機会がすごく増えた。
このことは、
仕事でほぼゼロだった会社を500名程の会社に育てたコトよりも
またゼロから独立して、昔に比べて更に大きな仕事をできるようになったと感じるよりも

とてつもなく、ハッピーに感じるコト。

そうやって感謝されると、本当に嬉しいし、
「そうやって感謝してもらえることは、
 
ボクにとっても、『ありがとうございます!』なコトなんです。」
と伝えているようにしている。
自分が何かしらチャレンジし続けることで
周囲の人に、
同じく「チャレンジし、自分の未来を自分で創っていく喜び」を共感できること。
そして、「ありがとう」と感謝してもらえる生き方をしていくこと。

これこそ

自分にとっての

「ライフワーク」だと気が付き始めたから。

自分が、何ができるのか、
どう生きていくべきかなんて、
いまだって常におぼろげ。
来年のチャレンジがどうなるのか
自分でもまだわからない。
去年、砂漠250kmを2つクリアし
今年、北極でフルマラソンし、南極で100kmマラソンをし、
次、いったいどこを走るべきなのか。
そんなコトを考えると少し悩ましくもあるけど、
まー大丈夫。
今まで同様、ココロの赴く方向へ
どんどんノーポチって走っていってみよう。
ランじゃない方向だって、いいじゃないか。

事実、今年は過去最大かつ、
ランとは無関係の「ノーポチ」をしてしまっている。
それは、、、、

Virgin Galactic社の「宇宙旅行」

子供の頃、
ふと夜空に浮かぶ月を見上げて、

「ゼッタイ、あそこ(月)には行ってやるぞ」

とココロを燃やしたのを覚えている。

実際、宇宙が大好きで、
大学に入るまではずっと
宇宙物理学者を目指していた。

(結果、より手元にある未知なる「宇宙」を求め、生物学に走ったのだけど)

それから20年以上がたち、
「ココロのままにノーポチってチャレンジすべし」と言っている自分自身が
『小さい頃ココロを燃やした夢に、

これっぽちもチャレンジできていないじゃないか』
と、気付き愕然とした。
そんな時、Virgin Galactic社の宇宙旅行を知った。
あのVirgin航空のRichard Bransonが
「民間人でも、旅行感覚で宇宙に行ける時代を創る。

過去の人類で宇宙に飛びだった宇宙飛行士は500名程。

事業開始から1年以内に、それと同数(500名程)を宇宙に旅行者として送り込む」
という、壮大なビジョンで打ち立てた事業である。

カッコよ杉だぜっ!(・∀・)!

値段は、20万ドル。

もちろん、大変な金額だ。

いろいろ、悩んだ。

「たまたま、マンションを売って浮いたお金があるゾ

(ローン返済に当てなきゃなんだけど)。あれ、ぶっこめば、行けなくもないな。」

「でも、宇宙空間にちょっと出れるだけだぞ?月に行けるワケじゃあないんだぞ?」

「とはいえ、数年前なら、民間人が宇宙に行くには、数億円はくだらなかった。

たった数年で、しかも今なら円高で、1600万円で行ける時代なんだぞ」

「でも、よく調べたら、旅行の企画が出来てから3年ほどたった今でも、

まだ安全試験中で、誰も飛び立ててないんだぞ?」

悩んだって始まらないじゃあないか。

ココロが、そっちを向いているのだ。

とりあえず問い合わせることならタダである。

「今なら、400番台のシートを購入できます。

それは、第一回の旅行が開始次第、1年以内に宇宙に行ける予定の順番です。

そのシートの権利を手に入れるには、『事前全額振込』が必要でございます。」

えーーーい!

こういう時こその「ノーポチ」じゃないか。

ポチッとな!!(・∀・)!!

ローン返済用だった現金を、

全額、振り込んじまった(;・∀・)ヤッチマッタ。
※ちなみに、

ヨメに
「行きたい?(行きたい言われたら2倍かかっちゃうけど。。。(´・ω・`))」

聞いたら

「(´・д・`)ヤダ。でも、同じ金額振り込めよ。ワタシの口座に。」

とな\(^o^)/。
そうしてボクがノーポチってゲットしたシートは
「423番目」。
振り込んでから知ったのだが、日本人では20人目。
しかも、他の方の平均年齢は65歳だそうな。
「それって、計画発表から3年経った今も、まだ実行されてないんでしょ?
これって、壮大な
『宇宙行く行く詐欺』
なんじゃね?」
そうなってしまう可能性あってある。
そしたら、もんのすごい勉強料だったとするしかない。
他にも、こういう人もいる。
「10年後には、数百万円で行けるまで値段が下がるかもね」
そうかもしれない。
10年後かはともかく、多分値段は下がっていくだろう。
でも、大事なことは、

自分が行きたいと思い、

すぐにアクションに移したことだと思っている。
この宇宙旅行に参加できたからといって、
子供の頃、月を見上げてココロを時めかせた
「月に行ってやる」夢に、近づくかなんてわからない。

でも、少なくとも、この20年程、
その夢に近づくアクションを全くしてこなかった今までに比べ
少なくとも、確実に一歩は動き出したのだ。

確実に、自分の未来はまた新しく創られつつあるハズだ。
そここそに、意義があると思う。

人生は、たった一度きり。

そして、人生はいつ、どんなカタチで終わるともわからない。

だとしたら、今日もこの一日、この時間を
自分なりに精一杯、走っていきたい道へ向かってみよう。
そうすれば、ボクはいつ終わりを迎えたとしても、
常にワクワクした新しい未来に向かって進みながら、幕を閉じられるハズ。

自分だけの人生だけじゃない。

大事な家族や友達の人生だって、

突如、

終わりを迎えてしまうことだってある。

ボクの周りの大事な人はもちろん、
たとえ今日初めて出会った一度限りの人だったとしても、
精一杯走る姿の自分が、
その人に少しでもポジティブな刺激やハッピーが提供できたとしたら
たとえ、その人の生が突如明日終わってしまったとしても、
きっと、その人との時間は、
ただ漫然と過ごす時間以上に、

自分にとっても大切なものとなるはず。

その人との時間が、

自分のココロにも、

しっかりと生き続けやすくなるハズ。

そういう生き方を、続けて行きたい。

長くなってしまったけど、そろそろ
このブログもおしまい。

宇宙についてはもちろん、

次のチャレンジも
いつかこのブログで共有できる日が創れるよう
また、明日から、日々大事に過ごしていかねばっ!

さぁ、明日からまた、走っていこうじゃないかっ(・∀・)!!!

そして、このブログを読んで頂いた
すべての方に、

「ありがとうございます!!!!」

※編集後記蛇足

南極往復の全11フライト中、一番最後の11フライト目(サンフランシスコ→成田)にて

みごと(?)ロストバゲージを達成いたしました/(^o^)\。

伝説のニンジャ刀が入っているのですが、どこへやら!

ヤツも冒険しているのかもしれませんw。

 

 

【おまけ:書籍を出版しました】

マラソン中毒者_(帯付) small4

「マラソン中毒者(ジャンキー) 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン」
(小野裕史著 文藝春秋刊 1,575円)

 35年間、超インドア派で運動とは無縁だった。
中高と、部活は吹奏楽部。
趣味は読書とネットとゲーム。
体育の成績は常に「上中下」の中もしくは下。
そんな僕が、仕事でもなく、単なるダイエットで始めたランニングをキッカケに
本を発売することに。

誰にだって、いつだって、未来は、変えていける。
こんなにもオモシロい未来にたどり着けるなんて。

そんな体験を、少しでも多くの方に共有できれば。
そんな想いとともに書いた本です。

ランに全く興味のない人を含め、老若男女に笑いあり涙ありで

美しい砂漠や北極、南極のカラー写真52ページと共に楽しんで頂ければ。

全国書店、アマゾンなどネット書店でご購入頂けます。
購入ページ(Amazon.co.jp)へ