カテゴリー別アーカイブ: ネット全般

「2007年日本の広告費」より今後のメディアを考察してみた

このところ、しゃべりすぎたのか声が掠れて出ません。
今日はアポをキャンセルして頂き、一日自宅警備員。
さて、昨日電通が2007年日本の広告費(PDF)を発表しました。
広告費のトレンドを軸に今後のメディアを考察してみました。
当資料は電通が調べた基準&範囲で発表されたものなので
必ずしも実態どおりでない部分があると思われます
(特にネット広告費は実態より少ないだろう。)が、
大まかな広告トレンドを示していると解釈して、
以下このデータを元に考察してみます。
まず広告費
==========================
2007年 (カッコ内は対前年比)
総広告費 70,191億円 (101.1%)
テレビ  19,981億円 (99.1%)
新聞    9,462億円 (94.8%)
ネット   6,003億円 (124.4)※
雑誌    4,585億円 (96.0%)
ラジオ   1,671億円 (95.8%)
※ネット広告の内訳は
媒体費  4,591億円 + 制作費  1,412億円
==========================
■ネット広告費は2006年には雑誌を抜いていた
電通発表では、マス四媒体は媒体費+制作費の数字ですが、
ネットだけ、2005年より媒体費と制作費を分けて発表されてます。
電通が定義するネット広告の制作費は
「バナー広告等の制作費および企業ホームページの内、商品/サービス・キャンペーン関連の制作費」
これらはネットで広告をする目的で作られたものと考えられるので、合算して比較するのが自然です。
実際、2004年前までは合算されて発表されています。
「2007年はついにネット広告費が雑誌広告費を抜き、TV・新聞についで第3のメディアに」
と報道されてますが、
実は媒体+製作で合算してネット広告を見ると、
『既に2006年にネット広告費は雑誌広告費を抜いていた』
と考えるのが妥当です。
※2006年 日本の広告費(電通資料より)
雑誌 4,777億円
ネット 4,826億円 (媒体費3,630億円+制作費1,196億円)

■3年以内に新聞広告はネット広告に抜かれうる
いずれにせよ、引き続き大きなトレンドとして、
2005年からずっとテレビ、新聞、雑誌、ラジオともに毎年広告費が下がり続け
一方、ネット広告は毎年20%以上伸び続けています。
特に新聞の広告費減少率は他媒体に比べても大きく、
あと3年ほどでネット広告費(媒体+製作)に抜かれる可能性も十分にあります。
広告費の対前年比
     2006年  2007年
新聞   -3.8%    -5.2%
ネット 27.8% 24.4%
仮に新聞-3%、ネット15%が続いた場合
     2008年  2009年  2010年
新聞  9,178億  8,903億  8,636億
ネット  6,903億  7,939億  9,130億
となり、2010年にはネット>新聞となります。
ちなみに、昨年4月の電通総研の発表では
2011年のネット広告(媒体)費は7,558億円と試算しております。
この試算はネット広告(制作)費を含んでいないため、
ネット広告(製作)費がネット広告(合算)の20%(※)とし、これに加えると
2011年の広告費(合算)費は9,447億。
※2005年-2007年のネット広告(制作)費率は約24-26%

電通総研の試算でも2011年までには
ネット>新聞となりえます。
電通が、他マス媒体では合算している制作費と媒体費を
わざわざネットに限って分けているのは、
他マス媒体がネットに抜かれるのを先送りした
(既存マス媒体に配慮した)からかもしれません。
■ネットに限らず、広告もメディアも「広」から「個」がトレンドに
ネット広告におけるSEMの伸び(2007年で1,282億円。対前年比137.8%)や
モバイル広告の伸び(2007年で621億円。対前年比159.2%)でも
広くみんなに告知する商品から、
ターゲットを絞った個に告知する商品への流れが顕著。
広告だけではなくメディア(番組やコンテンツの中身)側でも「広」から「個」の流れは
ネットに限らず他媒体でも同様に感じる。
たとえばテレビ。
通常のテレビは広告費は下がっているが、
多チャンネルで契約者を増やすCVTVやBSが広告費を伸ばしている。
テレビ視聴率が低迷している中、CVTVやBSの契約者が伸びているのは
デジタル放送対応機器の販促も大きいと思うが、テレビひとつをとっても
チャネルや番組が増え、より個に発しやすくなっているからでは。
雑誌はさらに顕著。
多くの主要誌が発行部数を減らす中
(参照 主要50雑誌の「部数激減(秘)データ」 )
デアゴスティーニのような、内容超特化型雑誌が大きく伸ばしている。
(参照 週刊歴史のミステリー」創刊号が100万部を突破 )
■今後のメディアは?
1世帯あたりの人数が減り、近隣との付き合いも減り
日本の生活が集から個に移るに従い
メディアは個のニーズにあったもの、
個々をつなげ(connectさせ)共有体験(群れ感)を生ませるものに
さらにニーズが寄っていくと予想してます。
生物学的に、ヒトに限らず生命個体は群れる本能がある。
群れた方が生存確率が高まるので、これ自然の摂理。
現代人の生活環境が個になるほど、
その分どこかでconnect(群れ)感を潜在的に求める。
群れ感を演出するモノも多様化していく。
教室でみんなが取り囲んでいた(共有体験してた)のが
マンガ雑誌くらいだったのがいまではケータイやDSやらカードゲームやらに
オフィスでの話題が「昨日のドラマ」くらいだったのが
「昨日の合コン」やらネットやらの話題に
お茶の間でワイワイだからこそ楽しかったTVの時間が
一人暮らしだとネットでニコ動やらSNSの時間に
一方、TVでも「リアルタイム(=共有体験感が生みやすい)だからこそ楽しめる」
サッカーやオリンピックなどスポーツ観戦は引き続き人気で広告費も高騰。
そういうイミでは、個々にターゲットしやすく、
かつconnect(群れ)感を生むメディアとして、
SNSやミニブログなどの派生系がまだまだ出ては消え、伸びていくと思います。
以上、あくまで、私見でした。

Tim O'Reilly × ひろゆき氏

今日は、とある会合にて

web2.0の提唱者であるTim O’Reilly氏とお話させて頂いた。

(といっても一瞬ですが)

その後、同じ場にて、2ちゃんねる管理人&ニコニコ動画でおなじみの

ひろゆき氏とも挨拶させて頂いた。

かたやweb2.0の権威のオライリー氏と、かたや「web2.0が大嫌い」のひろゆき氏

意外に打ち解けてましたw。

自分って、ネットの業界にいるなーとものすごく実感

(あたりまえなんですがね)

いやー、インターネットってホント楽しいですね。

さらば、地球よ

ついに地上のIT業界は宇宙へと旅立ちました。

地球上を瞬時にワープしあらゆる地点を天から眺められる

さながら「神」のロールプレイング感を彷彿させるソフトウェア

Google Earthが

今度は宇宙に旅立ってます。

「神」のレベル、アップといったところか。(笑)

フォトレポート:絵で見る「Google Earth」–宇宙の旅へ出かけよう!  CNET記事

Google Earthのダウンロードはこちら

マネタイズとか2.0(死語?)とか放っておいて、純粋にとても夢がありますねー。

こういうの、ダイスキです。

Google Earthで流行った

「地球上のヘンな場所リスト」(UFO?画像や秘密軍事基地など)

みたいに、

「宇宙のヘンな星リスト」のサイトが出てくるんでしょうか。

思わず、「イスカンダル」とか検索してしまいました。。。

セカンドライフはすごいのか?

ネット上の3D仮想世界で、もうひとつの人生を楽しめる「セカンドライフ 」。

いよいよ日本語版が13日より始まり、

再びセカンドライフ(SL)に関する報道が活性化してきています。

日本語版が始まる前からも、SL内にパルコやブックオフをはじめ

実に様々な日本企業の「仮想支店」が作られたり、そのニュースが頻繁に報道されてきました。

そんななか、度々ニュースなどで

「SLはSNSの次を担うサービスだ。登録者も全世界で2億を越える!」という「SLは超スゴイ」説や

「SLアクティブユーザー数はさほど多くない。出店しても広告効果はない。」という「SLはバブル」説や

はたまた

「SLへの出店は、『出店した』と報道されることを狙ったイメージ戦略だ」という「SLはブームを利用してナンボ」説など

いろいろ意見が飛び出してます。

※参考

日本語化で過熱するセカンドライフ,その実態は? ~メディア・パブ

さて、SLは実際にスゴイのか?バブルなのか?

私的には

MMORPG(多人数参加型のオンラインロールプレイングゲーム)の次世代型として スゴイ

と思います。

ラグナロクオンラインやファイナルファンタジーオンラインをはじめ、MMORPGのモデルは

ユーザー数はmixiなど通常のweb型SNSよりも少ないものの

一人当たりでゲームで使うお金は数千円~1万円/月以上。

(MRTなど、ユーザーが使う全てのお金が運営会社に渡ってないケースも多々あり)

というモデル。

つまり「アクティブユーザーの絶対数は少ないが、異常に金を使う」とういのが一般的。

SLはそんなオンラインゲーム市場の中で、

・非常にRPGにおける自由度が高く(どんなバーチャルでもなんでもできちゃいそう)

・RMTがゲームの要素として認められ、組み込まれている

という点がスゴイです。

とはいえ、SLはあくまでMMORPGの延長的なポジションなので、

数千万、数億人がアクティブで使うサービスになることは無いと思います。

SLのような世界観で、mixiやモバゲーのようにライトに使えるサービスが生み出されたら、

それは本当にスゴいことになりそうですね。

癒し系 マッシュアップサイト

先日書いた、Google MapのStreet Viewについてのエントリーを書いた際

当社内のラボのリーダーKさんに

Google Mapに写真をUser GeneratedにUPさせていくサービスを

いくつか教えてもらいました。

とくに気に入ったのは

Panoramio

というサービス。

まずは一度見てください。

世界中の美しい風景写真が、Google MapやGoogle Earthの世界地図上にマッピングされており、

気になる風景写真をクリックするとその場所の詳細が見れます。

UPされている写真そのものがとにかく美しいので、見ると癒されます。

コレ見てると、世界中いろいろ旅したくなりますね。

これはフォートラベルのようなホテルや旅行の取次ぎビジネスとしても有望かも。

Google Mapが気が付けばスゴイことに

5月末にリリースされ話題になっていたのに気づかず、

先日出張に行ったN.Y.で教えてもらったんですが

US版のGoogle Map がスゴイことになってました。

Google Mapにて、上から見た地図だけではなく

地図をクリックすると、その地点に実際に立った時見える360度のパノラマ写真が見れるようになってます。

※写真が提供されているのはまだN.Y.など一部の地域だけです。

N.Y.などの都市をバーチャル散歩することができます。

もちろんブロードウェイにも立って周囲を眺められます。

アメビジョに利用イメージ動画がupされてました↓。

Gigazineの記事 も面白くまとまってます。

すごいサービスですね。

これ、どこまで拡張していくんでしょうか。

家にいながらにしてバーチャル世界散歩ができるようになるのかも。

写真はGoogle Map側で用意されたものだけのようですが、

CGM的に写真をユーザーから投稿させたら面白そう。

任天堂って、すでに超優良ネット企業

任天堂のWiiをオンラインにつなぐと「Wiiショッピングチャンネル」が利用でき、

オンライン経由でファミコンやPCエンジンなど昔のゲームがダウンロードできます。

(バーチャルコンソールというサービス名)

僕もすでにゼビウスやグラディウス(各々たしか500円。クレカ決済)で遊んでます。

そのwiiからのオンラインソフト販売が、既に世界で470万本を突破したようです。

※任天堂のプレスソースはこちら 。(英語)

※英語はイヤとうい方はGIGAZINE が良くまとまってます。

ネット接続もwii全体の40%程。

wiiが出たばかりのエントリー に「20%程はネット接続するだろう」と書きましたが、

予想以上にネット利用率が高いですね。

なによりスゴイのは、毎時1000本以上のタイトルがダウンロードされているとのこと。

1ソフト500円~なので、最低でも

1時間に50万円

1日で1200万円、

1年で44億円。

wiiの販売台数は、IR資料 を見ると2007年3末で384万台ですが

まだまだ販売台数は伸びるはずですし、販売ソフトも増えていくでしょうから、

すぐに年間100億円レベルには達しそうです。

しかも、売れているタイトルの多くは任天堂のマリオシリーズで、

過去に作られた作品なので、wii向けの移植コストがあったとしても、

残りは丸々利益。

(もちろんハード開発や販売があってのビジネスですが)

オンラインソフト販売だけで、すぐに年間数十億円の利益を生み出しそうです。

(任天堂の規模からすると全体利益額の1桁パーセントですけどね。。)

サービスとしても、ビジネスモデルとして、とても刺激になりますね。

個人的には、ドルアーガーの塔がダウンロード販売されることを激しく希望しています。(笑)

どうなんでしょう?

どちらも気になる。

有料動画配信サービスに未来はない

http://zen.seesaa.net/article/41891359.html

ニコニコ動画、有料サービスを6月中旬頃から開始予定
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070516_nicovideo_premium/

ニコニコは、ニッチかもだけど、個人的にはめちゃ面白いです。

ウチのヨメさんは有料会員になりそうな。。。

世界のネット広告費

先週の記事で、

世界のネット広告支出が2008年にラジオを上回るとの予測が出てます。

各国での動向を見ると、

■日本

ネット広告費がラジオをはるかに抜き、雑誌広告を抜くのも時間の問題。

新聞とはまだ差がありますが、仮に各々この増減率のまま進めば4年後には逆転しそうです。

2006年(平成18年)日本の広告費

媒体 広告費 前年比(▲はマイナス)

--------------------------

テレビ 2兆161億円 ▲1.2%
新聞 9986億円 ▲3.8%
雑誌 3887億円 ▲1.5%
ラジオ 1744億円 ▲1.9%
SP 2兆2億円 0.9%
衛星メディア関連 544億円 11.7%
インターネット 3630億円 29.3%  <<<<<

-------------------------
総広告費 5兆9954億円 0.6%

■英国

2006年で、既にネット広告費が新聞の広告費を抜いたそうです。

媒体 広告費 前年比(▲はマイナス)

--------------------------

オンライン広告 20億1,600万ポンド(約4,600億円) 41.2%

全国紙 19億ポンド(約4,380億円) 0.2%

TV広告 39億ポンド(約8980億円) ▲4.7%

・・・

-------------------------
総広告費 約4兆円 7.8%

ネット広告の6割弱がキーワード広告。

(日本は3割程か?)

■米国

ネットが相変わらず急伸中。

2006年速報値

TV広告 653億7330万ドル 5.3%

ラジオ 110億5480万ドル 0.3% 

雑誌 298億3340万ドル 3.8%

新聞 279億7210万ドル ▲2.4%

ネット 約168億ドル(推定) 34%(推定)

-------------------------—-

総広告費 1496億ドル 4.1%

2005年の数字だと、ネット広告のうちキーワード広告のシェアが4割強。

出典

2006年の広告支出、4.1%増の1496億ドル――米調査

2006年のネット広告販売額、168億ドルで過去最高

世界的に、ネット広告の急伸はまだまだ続きますね。

Googleサジェスト

いまさらながら、

Googleサジェスト

が面白い。

まずは使ってみるとわかりますが、

検索窓に入力した文字を元に

予測されるワードをリスト化してくれます。

↓こんなカンジ

人気のあるキーワードが候補としてサジェストされるのですが

候補にあげてもらえる単語はいい宣伝になりそう。

が、その単語(会社やら商品やら人やら)に対する結果のページ数もリストで出るため、

世の中での注目の高さが(ある程度ですが)伺えてしまいます。

いままでも通常のGoogleの検索結果ページに

その単語に対する結果ページ数は表示されてましたが、

Googleサジェストの場合、いちいち結果ページを開かなくてもよいので

いろんな単語の結果ページ数を見てみたくなります。

RSSにしても、Googleサジェストに代表されるAjaxにしてもそうですが、

欲しい情報を、わざわざ「あちら」(サーバー)側まで自分で足を運ばなくても、

「あちら」側が「こちら」(PC、自分)側に気を利かせて足を運んでくれる傾向が強くなってますね。