【アタカマ砂漠250kmマラソン】入り口


このブログは

2013年3月3日~9日に

南米チリのアタカマ砂漠で行われた

250kmマラソンをチーム戦として走った

「チーム”KIZUNA”」の物語です。

全18話となりますが、ご覧頂けたら幸いです。

コチラより、読み進みください!

 

また、このストーリーがDVDとしても完成いたしました。

よろしければぜひご覧頂けましたら。

DVD 地球の反対側で世界一になった話。

地球の裏側、南米チリのアタカマ砂漠。「死への道」とも呼ばれたその地を、自分の脚のみで250km走り切るマラソン”Atacama Crossing”。ランナー初心者ながら、そのレース世界一を目指し集まった日本人選手。彼らは、なぜ、かくも過酷なチャレンジをめざしたのか。文藝春秋「マラソン中毒者(ジャンキー)」にも収められ、日本テレビ系「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」にも紹介された感動の物語。

DVDのお求めはこちらよりお願い致します。

【アタカマ砂漠250kmマラソン】入り口」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【アタカマ砂漠250km チーム世界一への道】18:紡がれていく、想い | Keep Challenging

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です