【南極100kmマラソンへの道】その14「決戦の朝は、雪だった」


決戦の日の朝は、だった。

テントの中までが、今までと比べ明らかに寒い。

昨日の朝、遅くまで寝てしまったため、
実は今朝はほとんど眠れていなかった。
まぁ、普段の100kmマラソンでも、
朝5時スタートに備え、ほとんど眠れない時だってあるんだ。
寝不足でジタバタしたって、しゃーない。 

ここ数日の晴れが嘘のように、
曇り空からは雪が舞い、
すぐ近くの山にも雲がかかっている。

昨日まで見渡せていた遠くの山にいたっては

まったく見えない程。

そして、明らかに気温が低い。
昨日までが別世界のように、寒い。

当たり前だ。

ココは、南極なんだ(`・ω・´)。 
寒いけど、着替えて準備しないと。
ここで、問題が(;・∀・)。 

長距離走では、
足のマメなどを防止する為、いつもワセリンを足などに塗るのだが、

ワセリンが、寒さで固まって、なかなか出てこないじゃないかっ(;・∀・)!

両手で全力で握って、ようやく0.5cm出てくるレベル(;´∀`)。

卵を暖める母鳥のように

寝袋でワセリンあっためながら、

やっとの思いで絞り出す。

そして、絆創膏まで、寒さで固まっているじゃないか!

貼るのに、パリパリ言うレベル( ;; ´∀`)。


ええい、ここは南極なんだっ!

寒いのは当たり前じゃないかっ(;´Д`)

昨日までが、奇跡的な天気だったのだ。

食堂の天気情報を見ると、

キャンプ地点で、-17℃。
風速は約15メートル
ここ数日で一番寒くて、強風。

ココ大一番の状況を用意してもらっちゃって、

なんだか、悪いネ(;´∀`)!

太陽なんか隠れてるほうが、

日焼けしなくって、むしろイイじゃないの(・∀・)。

雲は減っていく予報とはいうが、
コースの奥の方は、風で更に体感気温も低いだろう。
これは、徹底して防寒重視で行かねば。

「モード反転っ。

ザ・防寒モードっ(;・∀・)!!」

ここまでの写真で、

既に気づいた読者もいるであろう。

そう。

今回のニンジャスーツは、

北極の時とは一味違う
アニメ「ナルト」などの影響か、
外国人にとっては、本来の真っ黒なニンジャ姿

なんだかよくワカラナイらしい。
ということで、ちょっとわかりやすくしてみたのが、

 

これだっ!

日本から南極出発の前日

「赤い布、欲しいナ(・∀・)。

凍りにくくって、軽くって、なびきそうなヤツ(・∀・)。」

そう、

ヨメにワガママ言って買ってきてもらったのだ。

外国人にもニンジャとわかりやすく?したかったのもあるが、


「とにかく、カッコよくなびかせて走ってミタイ」

それ以外に、

いったい何の理由が必要であろうか?

他の装備では、徹底的に軽量化に気を使ったとはいえ、

そこには、

重さとか、そういう問題では語れないロマンがあるのだ。

しかし、いざ赤い帯を巻こうにも、
なかなかうまく巻けないではないか。
元来、自分、ぶきっちょである。
出発前に自宅で巻き方のシュミレーションした時も、
「アンタ、どんだけぶきっちょなの( ゜Д゜)?」

と随分ヨメにバカにされた程だ。
ただ、刀を固定し結ぶだけなのに。

恐ろしく、難しい。

さすがはニンジャ。

簡単には務められないぜ。

そうこう赤帯と闘っていると、、

気づけばスタート2分前じゃないか!

慌てて、スタート地点へ。
聞くと、

結果的に9名がスタートに立つ

という。

(筆者は、一番右)

毎年の完走者は3~5名というのに、

 
何たる確変っぷりなんだ!
他にどんな選手が100kmに出るのかは、

あまり意識しないようにしていた。

けど、9名の中に
昨日のフルでトップ争いの死闘を繰り広げ

2位だったルイスがやはりいるではないか!

万里の長城マラソンの優勝者である。

いくらフルの翌日とはいえ、走力の底力は半端ないだろう。

そして、ルイスと同じくスペインから来て

昨日のフルを(流しめな走りながら?)5位でゴールしたジュリアンもいる。

こりゃ、めっさ強敵じゃないか。

9名中、

昨日フルも走っているのは計4名(ルイス、ジュリアンも含め)

だそうな。

さらには、

なんと南極キャンプ地の住人から

マークイアンという選手も100kmだけに出ているそうだ。

 

いいや、他人は関係ないんだった。
自分のレースをするんだった。

はたして、

どんなレース展開になるのか。

存分に、楽しもうじゃないか(;・∀・)っ!

つづく

【南極100kmマラソンへの道】その14「決戦の朝は、雪だった」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【南極100kmマラソンへの道】その13「フルマラソンでの、死闘」 | Keep Challenging

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です