【北極マラソン完走記:その6】だからぼくは走るんだよ。


$Keep Challenging
朝の3時44分でも、この明るさ。
北極圏は、この時期、24時間中太陽が出ている、

いわゆる「白夜」。

 

白夜で目覚め、ふと、考えたんだ。

 

どんな地位を目指すとか、

どれだけ給料や資産を稼ぐとか、

そんな興味は、とっくに薄れてる。

 

じゃあ何がしたいかって、

今までに見たことの無い景色や、

したことの無い経験をしていくこと。

 

それは、ランや冒険だったり、仲間と新たな事業を育てていく事だったり、

様々なチャレンジを通して。

 

そんな未来の為に、ぼくは時間や情熱を注いで生きたいんだ。

そして、ぼくのそんな生き方から刺激を伝わった人が、

さらに、見たことの無い景色にチャレンジし、

未来に紡がれて行く。

 

それこそが、お金でも地位でも名誉でもなく、

未来に残したいものなんだなって。

 

だからぼくは走るんだよ。

 

精一杯、ニンジャで北極を。

「その7」へ、つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です