【北極マラソン完走記:その2】だから、ぼくは、走るんだ。ニンジャコスプレで北極を。


誰にだって、走るのはラクな行為じゃない。

できれば、歩いたり、休んだりの方が、ラクに決まってる。

 

走るためには、距離やペースにかかわらず、

肉体と、そして何よりココロとの闘いが重要だ。

ランを始めていろんな大会に出るようになり、

一番驚かされたのは、

「距離の長いマラソンでは、参加者の平均年令も上がる」

という事実。

100kmマラソンで、

70代のおばあちゃんが笑いながらゲンキに完走したり、

参加者の平均年令が50代だったりとか。

そんな時、いつも思うのは

「肉体的には、あきらかに、30代の僕より弱いはずなのに

なぜあんなに強い走りができるんだろう?」

僕なりの答えは

「歳をとったランナーの方が、ココロが強いから」。

100kmや、それ以上の大会に出ているシニアランナーは

みな、本当にポジティブで、明るくて、楽しそうに走っている人が多い。

もちろん、走る事は、肉体的には負担に違いない。

でも、シニアなランナーは、その肉体的負担をココロでカバーしているように思う。

同じ負担だって、「ツラい、辞めたい」と思って付き合うより、

どんな事でもよいから「楽しい、ありがたい」と思って付き合うと

不思議と、負担のカンジ方が変わってくる。

つまり、その負担と「どう向き合うか」こそが、大事なんだ。

それは、たとえ1kmでも、10kmでも、100kmでも同じだし、

走る事だけじゃなく、何かを続けようとする際には、かならず同じ要素があると思う。

僕が走る時に、「楽しい、ありがたい」と一番思うのは、

なにより、沿道やツィッター等ネット上での応援や、

大会スタッフやボランティアのサポートや、

そして、僕と同様に、自分自身と闘いながら走っている周りのランナーの存在だ。

そういった人たちがいないと、ココロの弱い僕は、すぐにサボりたくもなるし、

言い訳を見つけて休んだり辞めたくなったりしてしまう。

なので、そういった人たちは、僕をより強くしてくれる、とても大事な存在。

そんな人たちに、逆に、少しでも恩返しができないかな?

 

と思って始めたのが、コスプレラン。

 

東京マラソンでのパンダコスプレ & Ustreamでの全編動画中継や
Keep Challenging

 

大阪マラソンや、100kmマラソンでのダイコンコスプレなど。
Keep Challenging

 

 

(;・∀・)ハッ??バカナンジャナイノ??

 

 

と思われるかもしれない、、、

とはいえ、コスプレマラソンの何が良いかと言うと、

存在自体がオモシロくならざるを得なく、

周囲の人が、見ただけで、なんだか笑えてしまう。

いわば、無条件で周囲のランナーや応援の方やスタッフに「楽しい」と思ってもらえる。

( + ちょっとキャアキャア言ってもらえる)。

なので、僕がコスプレマラソンをする時には、

譲れない大原則が存在する。

コスプレマラソンの大原則

 

『誰からでも、一目で何かがわかるコスプレであるべし』

 

さて、そろそろ北極マラソンに話を戻そう。

北極マラソンをポチった、僕の一番の悩みは

装備よりも、練習方法よりも、

「コスプレを何にすべきか」。

以前、『南極』マラソンに出る際には

「ペンギンのコスプレで南極マラソンを走りたい!」と思っていた。

んが、なんと、「北極にはペンギンが存在しない」という事を知ってしまう。

ってか、そもそも、2ヶ月の準備期間の中で、

経験者もほとんどいなく、装備などの情報も見つからない。

「ヤバい。最低限の防寒具だけでも、暖かくなる前に買っておかなきゃ。

コスプレどころか、凍死しちゃうジャン。」

とにかく、軽くて走りやすそうで、寒さも防げそうな装備で、

かつセールで安いウェアを選んでいると、

「黒いウェアは人気が無い(=セールが多い)」ことを発見。

黒のウェアをイロイロ試着して自分の姿を鏡で見た瞬間、

「コレだっ!!」

と思いついたのが、

 

「ジャパニーズニンジャ」スタイル

$Keep Challenging

「ニンジャ」は、海外でも有名だし、人気もあるし

なにより、ジャパニーズニンジャの格好で上位でゴールしたら、

「ニッポン、やるじゃねーか!」とアピールできるし。

しかも、北極という、ただ居るだけでさえ難易度の高そうな地で

マラソンをするのに、コスプレする負担も少なそうだ。

そうだ!コレ以外に無いぜっ(`・∀・´)!

「その3」へつづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です