Day6:ゴビ砂漠250kmマラソン完走記


■■Day6:ステージ5(2日目)
ステージ5を昨夜のうちに終える事ができた僕は、
6日目はまるっと休む事ができる。
あとは、明日の11kmを走るだけ、そこにむけ、ゆっくりカラダを休められる。
もう、ほぼ完走したも同然!
$Keep Challenging
朝食もとって、ゲンキも回復。人間って、ゲンキンなもんです。
夜のうちにゴールできなかった選手たちも、朝になって徐々に戻ってくる
$Keep Challenging
朝8時台で、既に気温は38℃程。
とにかく、暑い。
テントで寝ていると、それだけで脱水になるほどに、暑い。
選手もみんな、テントにいられずに風を求める。
常にカラダに水を掛け続けないと、耐えられない。
$Keep Challenging
丸1日、することもないので、
昨夜から痛みが増している左足をメディカルテントで見てもらう事に。
すると、ビビった!
足が大変な事になってる。
めっちゃ腫れているジャン/(^o^)\
$Keep Challenging
スゲー痛いし、よく歩いてたなオレw。
足をドクターに見せると、急に深刻な顔になって、他のドクターと相談を始める。
医療用語なので何を話しているのか理解できない。
が、なんかちと、良く無さそうσ(゚∀゚ )オレ?
どうやら、僕の足は感染症に掛かっているとのこと。
左足の中指から足の甲を通って、足の内側をくるぶしの上まで、赤く腫れた線が伸びてきている。
$Keep Challenging
写真だとわかりにくいけど、足の甲のあたりは特に赤くなっている。
赤く線が伸びている箇所をトントン叩くと、
ドクター「痛いか?」
僕「ウン、イタイYO!」
ドクター「そうだろ、この線まで、感染が上ってきているからだ。
この線がさらにヒザに向け伸びたら、オマエは病院で注射打たないとダメになるぞ」
僕「/(^o^)\」
たくさんの抗生物質をもらい、念の為ドクター長にも見てもらう。
そうか、昨日の体調不良はコレが原因だったのか。
よくまぁ、辿りつけたもんだ。
あとは明日11km走るだけなんだから、それまでになんとか、
よくなりますように(ー人ー)ナムナム。
砂漠に来るまでは、Day6はのんびり遊んで過ごせる日だと思っていた。
だが、砂漠はそんなに甘くない。
何もすることがない。
そして、あまりに暑い。
暑いなか、ただ、ひたすら時間が立つのを待つ。
10分たったかと時計を見ると、まだ3分しかたってない。
「あれ?これ?昨夜と同じじゃね?」
そう、ステージ5「The Long March」は、ゴールにたどり着いて、6日目も、まだ続いているのだ。
結局、夜10時頃になるまで、40℃近い気温が続く。
12時間以上も40℃近い中にいると、それだけで体力が相当に奪われる。
テントにいるだけで、生命の危機を感じるレベル。
そうして夜10を過ぎると、風も出てきて、ようやく眠れそうなレベルに。
まだ暑いので、みんなテントの入り口を空けて風を取り込めるようにしながら、
パンツ一丁で床につく。
明日は、いよいよ、最終日。
11kmを走れば、あとは完走だ!
感染症もよくなってほしいし、しっかり睡眠をとろう。
よく眠れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です