Day3:ゴビ砂漠250kmマラソン完走記


■Day3:ステージ3
ステージ名:”Water in the Gobi Desert”(44.5km)
コース標高:920m-2200m
ようやくレースも中盤へ。
今日のステージ名は
“Water in the Gobi Desert”。
えぇ、水遊びですね、わかります。
そうして、ステージ3のスタート。
$Keep Challenging
今日は川もありの、標高差もかなりありの、トータル44.5km。
なかなか手ごわそう。
レース前からの情報で知っていたけど、この大会での大敵は、足のマメ。
中には足の裏の皮が剥けて、激痛で歩けなくなりリタイアするケースも珍しくない。
その足マメの原因のひとつが、水での足のふやけ。
なんとか、足を濡らした状態で走るのは避けたい。
と思いつつスタートするも、そんなに事務局も優しくない。
ってか、俺らがドMさを求めて集まってたんだよな?
スタート後、さっそく、行くべきピンクフラッグが川を渡っていく。
そうだよね、川入らないと無理だよね(´・ω・`)。
そしてまた河原を走り、ようやく少しシューズの水分が抜けた所で、また川。
川。川。
そして、川の渕で岩に掴まりながら進む道で、足を滑らせ、また川に足を落とす。
ま、これがしたかったんだよね、σ(゚∀゚ )オレ。
そんな水遊びを10km程こなし、今度はひたすらな登り道へ。
$Keep Challenging
韓国の選手に
「これが、シルクロードなんだよ」
と教えられ、
すれ違う他の選手にも同じことを伝え、感動しつつ登り続ける。
が、後で、
シルクロードは5日目のステージ5で通ると知る事になるのだが、それもご愛嬌w。
途中、一緒になった樺澤さんとツーショット。
$Keep Challenging
川からの山道からの、今度は草原を登る。
$Keep Challenging
そして、中盤は、素晴らしい岩山の中をダウンヒル。
$Keep Challenging
かなり気持よく坂道を走ったために、写真がちょっとボケてますw。
岩山を駆け下りた気持よさで、良いペースをつかめ、
後半の荒野も一気に走り続けぐんぐん選手を追い抜いていく。
$Keep Challenging
残り7km弱の最終CP(チェックポイント)にて給水しつつ
「じつは、かなり順位上なんじゃね?」と思っていたら、
突如後ろから、爆走する樺澤さんが。
$Keep Challenging
一気に、
$Keep Challenging
駆け抜けていきますたw
$Keep Challenging
すげー、さすがの走りだ。ああいう風に走りたいぜ。
そして、樺澤さんがみるみる小さくなるのを拝みながら(すぐに見えなくなったけどw)ゴールへ。
標高は1000mを切り、かなり暑くなってきた。
幸い、かなり早めの到着だったので、
ラン中に気になっていた右足の親指の違和感を確認しに、
メディカルテントへ。
3日目にして、僕にも、最大の敵である「足マメ」ちゃんがやってきてました。
$Keep Challenging
今まで、マメになったこと無いのに、さすがは砂漠レースだ。
水を抜いてもらい、無事処置完了。そんなに痛くないのは幸い。
$Keep Challenging
僕もお世話になった、メディカルテント。
$Keep Challenging
この日のキャンプ地点は、村の民家を借りての滞在。
ここが、僕らのテント7替わりの民家の一部屋。
$Keep Challenging
トイレはココ
$Keep Challenging
中に、羊や鶏が居ました。
もちろん、彼らと一緒に、用を足すわけです。ハイw。
この日は、昨夜と打って変わって、一気に暑くなり、
民家の外で寝袋を引いてその上でパンツ一丁で休む選手が大勢。
明日は、次のスタート地点までバスで3時間移動するため、朝3時起き。
暑くて寝苦しいけど、ちゃんと寝なきゃ。

Day3:ゴビ砂漠250kmマラソン完走記」への1件のフィードバック

  1. ASAP(にっしー)

    樺沢さんの爆走っぷりが伝わってくる写真ですね(笑)。
    すごいなぁ・・・。
    そして足マメでっか!Σ(・ω・ノ)ノ!
    これが潰れたら、ただでさえ痛そうなのに、レース中に
    やっちゃったら歩けなくなるのもうなづけます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です