九州全県縦断マラソン(全15話):その13「Day6佐賀県佐賀市から長崎県佐世保市」


 

6日目の朝がきた。

今朝も4時すぎに起き、5時スタート。

 

_DSC5116

ロビーで出発前のミタニンとシャオさん。ふたりとも、疲労はピークのはずだが、笑顔は絶えない。

 

_DSC5120

初日以来、すっかりテーピング担当の僕が二人の脚にテーピングを巻いていく。

_DSC5123

ミタニンの足は、すっかりむくんで、いかにダメージが蓄積しているかを物語っている。

 

それでも、今日も、67kmの距離を走るのだ。

しかし、今日も僕らには沢山のナカマがいる。

まずは、昨日につづいて、道案内をしながら並走をしてくれる益田さん。

_DSC5162

 

そして、昨日途中から合流し並走してくれた、田中久美子さんが、今日も「おかわり」で並走してくれることに。

_DSC5155

 

さらには、さわちゃんのお友達のひろみさんも昨日に引き続き「おかわり」。_DSC5160

ひろみさんは、なんと、STY(富士山のまわりを山道半周91.5kmを走る国際レース)で、女子総合2位(日本人トップ)というスーパーランナーなのだ。

なんと心強い!!

初日から走り続けてくれたさわちゃんから「九州全県縦断マラソン」のタスキを引き継いでもらうことに。

 

そんなウレシいスタートな6日目だったが。。。。

恐れていたことが、ついに起きてしまった。

 

 

ミタニンの脚が止まってしまったのだ。

 

昨日までは

「広島から応援に来てくれる岡本さんと合流する佐賀までは、なんとしてでも」

と頑張っていたミタニンだったが、ここにきて、いよいよ走れなくなってしまった。

今日は67kmという長丁場の、まだ10km程度のほんの序盤で、だ。

すでに昨日の時点で左膝を痛め、佐賀のスポーツショップでサポーターを手に入れ、膝に巻いていたのだが

それも限界を越えてしまった。

脚を引きずりながら、何度か歩き、走りを繰り返すうちに、

ミタニンがこう言った。

「小野さん、僕、後から追いかけますので、みんなで先に行っていてくれませんか?」

ここまでの5日間、ずっと寝食ふくめ一緒に行動してきたのだが、

自分のせいで、みんなを歩かせなくてはならない事が精神的に負担になるのと、

歩きたい時に自分のペースで歩けるほうが、肉体的にも負担がすくないからの

ミタニンとしては苦渋の決断なのだろう。

 

(せっかくここまでこれて、あと3日なのに、もしかしたら、3名でゴールは叶わないのだろうか。。)

そんな不安がよぎるも、僕やシャオさんだって、この先何があるかわからないのだ。

お互いに信じて頑張るしかない。

 

_DSC5141

この先のコースについて、スマホでミタニンに詳細を伝える。

一人で走るのは、不安に違いない。

「時々連絡取り合いながら進もう!」

 

そうミタニンに手を振って走りだす。

 

あれこれ考えていたって始まらない。すべきことは、一歩ずつ、前にすすむだけだ。

_DSC5145ミタニンを背に、走りだす。

 

 

そんな、僕らに、ウレシい応援ランナーが。

_DSC5178

 

3日目の八代→菊地の時に応援に来てくれた、さわちゃんの友人の西島さん(写真左から2人目)が

「おかわり」で駆けつけてくれたのだ!

さっそく、後ろにいるミタニンにもチャットで喜びを共有。

スクリーンショット 2015-06-04 09.44.53

ミタニン、そんなに離れずに頑張って付いてきてくれているじゃないか!

分岐が難しいトコロは写真をチャットで送り、後ろのミタニンに伝えていく。

スクリーンショット 2015-06-04 09.40.38

シャオさんも僕も、ミタニンをゲンキづけるどころか、むしろミタニンの強靭な精神に感動し

僕らのほうが勇気づけられていく。

 

鹿児島からずっと一緒に走ってきた、僕とシャオさん、ミタニン。

距離は離れていても、今までと同様、お互い気遣い励まし合い、

ココロは一緒に走っているのだ。

 

30km地点、武雄温泉駅に着いたところで、

これまでずっと道案内で並走してくれていた益田さんが、用事があるのでお別れに。

_DSC5206

 

「おかわり」で昨日に引き続き今日も並走してくれていた、田中さんも

「武雄温泉駅で温泉に入って帰ろうかなー」

そう言っていたのだが

_DSC5183

 

「えーー。寂しいなー。有田まで行ったら、陶器市やってて、スゴい楽しいらしいですよ!」

ウマいこと言いながら、なんとか武雄温泉駅をスルーして並走を続けてもらうことに成功(`・ω・´)。

田中さん「私、昨日に続けて、自己最長記録を走っちゃうかも」

小野「いいですねー!いっちゃいましょうよ!!」

 

そう、また走りだす。

そこへ、一人の若者ランナーがやや慌てながら駆け寄ってくる。

IMG_5595

 

 

僕の本を読んでくれて、ファンになってくれた若者ランナー(名前失念ゴメンナサイ!)が、応援に来てくれたのだ。

_DSC5210

さっそく、この旅3度目のにわかサイン会。

この若者ランナー君、しらばく一緒に走った後、コーフン気味にリュックも閉めずにあわてて駆けて駅へと帰っていった。

「あの子、小野さんと会えたのがよほど嬉しかったんでしょうね。」

走ってファーファー呑んだくれてるだけのオッサンの僕なのだが、喜んでもらえるのは何より有難い。

こういった出逢いひとつひとつが大事なエネルギーになる。

そして、45km地点にて、楽しみにしていた有田陶器市へ。

予想以上に多くの人たちが観光に来ており、賑わっている。

「チャンス!観客が一杯いる!!不本意ながら、目立っちゃう( ・∀・)!!!」

_DSC5239

多くの観光客の視線や応援を浴びながら、気持よく有田の街を走って行く。

でも、いろんな出店で美味しそうなモノが並んでいるのだ。

IMG_5609

嬉野茶を頂いたり(おばあちゃんが「ハズカシー」と顔を隠されてましたw)、

 

_DSC5247

 

デコポンジュースを頂いたり。

ミタニンにも、「陶器市、ゲンキづけられるよー!」とチャットで状況をシェア。

ここで、ウレシイ親友との出逢いが。

2年前に参加した、東京から新潟まで520km走る「川の道」という大会の際、

寝不足と疲労で呆然と歩いている時に突如応援に現れてくれて僕を救ってくれた親友のゴリさん(佐藤)が、なんと陶器市に仕事でいるというのだ。

あまりの人混みで会えるか心配していたが、GPSのおかげもあり、無事に合流!

IMG_5619

 

ゴリさんが仕事でお世話になっている民家の庭でひとやすみ。

ココロ休まるー( ;∀;)。

存分にココロもカラダも充電できた有田陶器市も抜け、まだまだ先の佐世保まで進んでいく。

そして、50km地点。

ついに、ついに、辿り着いた!!

九州ラスト県の、長崎の県境が見えてきた!!!

IMG_5626

 

鹿児島から出発し、宮崎を一瞬すりぬけ、熊本では3日間費やし、大分にて泊まり、

佐賀で痛飲し、一瞬福岡(久留米)を通りぬけ、ついに、7県目、ラスト県の長崎に辿り着いたのだ!IMG_5625

応援にかけつけてくれたランナー(名前失念ゴメンナサイ!)とともに。

ここまでで375km。

まだ、最終ゴールの福岡県博多駅まではあるのだが、

「九州全県縦断」というひとつの大きな目標は、達成したことになる。

そして、ミタニンも、離れてはいるが、いいペースですぐ後ろを追いかけてくれている。

ミタニンも、確実に全県踏破までたどり着けるはずだ。

「シャオさん、やりましたねーーー!!!全県、踏破ですよ!!!」

まだ、先は残っているのだが、なんとか3人とも「九州全県」という大きな目標の達成が見えて、

ホッとすると同時に、一人で成し遂げる以上の喜びで胸がいっぱいになる。

思わず、感極まってアツいものがこみ上げてくる。

_DSC5281

 

そして、その1時間後に、ついにミタニンから嬉しいメッセージが!

スクリーンショット 2015-06-04 10.51.18

 

ミタニンも、全県踏破達成だ!!!

ここからは、足取りもどんどん軽くなっていく。

そして、佐世保まで残り10kmに近づき、佐世保から応援美ジョガーたちが!

IMG_5632

 

佐世保より駆けつけてくれた、中央手前左から、執行さん広川さん。

ついに来たか?!モテ期が!!!

シャオさんと「男子2対女子6ですよ。これはミタニンにも自慢せねば!!」とオッサン二人で大はしゃぎ。

さっそく、ミタニンにメッセージを送付。

スクリーンショット 2015-06-04 09.42.14

(ΦωΦ)フフフ…。いい感じに燃えているようだ。

頑張れミタニン!

はしゃぎすぎて、ヨメにまでメッセで報告。

スクリーンショット 2015-06-04 11.03.32

 

有難くも「がんばれ おっさん。」と暖かいエールを頂く( ;∀;)。

 

そんな嬉しいランがつづくも、

長崎は細かいアップダウンも多く、また天気も晴れて、気温もあがっていく。

_DSC5322

 

暑さが最大の敵のシャオさんも、かなりツラそうだ。

_DSC5348

 

なんとかクールダウンとのことで、かき氷補給でかなり救われた模様。

_DSC5365

みんな、ギリギリのところで闘っているのだ。

そんなシャオさんも、佐世保の街が近づくにつれ、走りが力強くなってくる。

佐世保では、シャオさんの友だちが待ち構えてくれているとのこと。

もう、ゴールも目の前だ。

 

そうして、シャオさんのお友達、清水さんの姿が見えてきた!!

IMG_5641

IMG_5646

IMG_5649

シャオさんと、お友達の清水さんと。

そうして、この旅4度目のサイン会。どこでも書きまっせー(`・ω・´)ゞ。

_DSC5386

ミリタリーファンの清水さんからは、自衛隊オススメの栄養ドリンク「元気バッチリII」を頂く。IMG_5655 IMG_5656

6日目、67km走って、ゴール!

 

 

さらには、1時間少し遅れて、ミタニンも無事にゴール!!

IMG_5662

IMG_5660

無事に3人とも、ようやく7県を踏破し、6日計で392km走ったことに。

いつもの通り、お風呂に入り、ウェアをコインランドリーに入れて、あとはグビリタイム!

有田陶器市で合流したゴリさんとその友人、飛田さんもわざわざ佐世保まで飲み会に駆けつけてくれ、大宴会に。

 

 

IMG_5663

 

 

今日のミタニンの強さは、とても感動的だった。

それに加え、もう一つ、嬉しい事。

それは田中久美子さん(上写真、一番左)が

昨日並走終わった時には「明日はどうしようかなー」だったのが

今朝走り初めてからは「武雄温泉駅(30km)くらいまでー」だったのが、

あれよあれよとゴールの佐世保まで67km走ってくれたこと。

「そんな長い距離、走ったことないから、どこまでついていけるか」と言っていたのだが

だれよりも明るく周囲を盛り上げながら、

結果的に「自己最長記録」の67kmを走り続ける姿は、僕らにもとてもパワーをくれるものだった。

11209704_650521795049792_7238780957291979047_n

 

まさに、チームのチカラだ。

鹿児島からずっと走り続けている、シャオさん、ミタニン、僕のチームだけでなく、

応援に駆けつけてくれる人、声援を送ってくれる人、すべてが、チームとして僕らは走れてこれいるのだ。

明日は、7日目。唐津までの48kmと短めの道のり。

そして、唐津では、佐賀トークライブの主催者の山下さんらが、萩往還から帰って宴会の用意をしてくれている。

さらに、明日からは、今日までとは少し違う、

新たな想いとともに走ることになる。

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です