九州全県縦断マラソン(全15話):その6「年始の誓い」


 

酒の席で、完全なる悪ノリで生まれた「2015年ゴールデンウィーク九州縦断マラソン」企画。

ツィッター上にてにわかに盛り上がり、さらなる悪ノリで決まった概要は下記。

– 鹿児島空港に降り立った瞬間から福岡まで走り続ける

– 九州全県を走破する

– 毎晩、かならず飲み会をする

– 広島県福山市のランナー「ミタニン」と広島市のランナー「シャオさん」がスタートからゴールまで並走を目指す

これらが決まったのは、佐賀のトークライブの懇親会(2014年7月19日)から2日間ほど。

じつは、この時点では「ゴールデンウィーク」という以外、具体的な日程はなにも決まってないのだ。

さらには、実はその後、2014年中は、この企画についてまーーったくなーーーんにも進んでいなかった。

 

ぶっちゃけ

後になって「あーー!すみません!2015年のゴールデンウィークはアレコレの予定はいってしまって、あの企画はキャンセルお願いできますか?」

というコトも十分にできた。

 

そして、年が明けて2015年。

あらためて、「2015年の目標」を考えていた。

仕事での目標、その他の様々な目標の中で、

「ランでの目標」については悩んでいる自分がいた。

すでに「普通のマラソン大会」ではまったく満足できないカラダになってしまっている。

こりゃあ、ゴールデンウィークはやはり、勝手に九州を全県縦断するマラソンをかますべきではないか。

そう考え、ひょっとしたら忘れている(忘れさせて欲しいと願っているかもな)ミタニン、シャオ(シャオヘイ)さんに、フェイスブックでメッセージを送ってみた。

 

スクリーンショット 2015-05-28 22.23.03

「あの企画、無かったことにさせてね」ではなく

「あの企画、ちゃんと生きてるからね」と、自分に言い聞かせる意味でもあった。

 

その際に送ったルート案が、下記。

鹿児島空港発〜福岡ゴールで、全県踏破で580km。

 

スクリーンショット 2015-05-28 22.14.30

 

ご覧頂いてわかるように、九州の全県を通ろうとすると、ずいぶんに遠回りになってしまう。

ここから、さらに具体的に考えをまとめていく。

2015年のゴールデンウィークの暦をみると、現実的には

4月29日〜5月6日の8日間なら、2日間の平日をつぶせば連休にできる。

そして、8日間で現実的に走れる距離を考えていく。

今回はミタニン、シャオさんの走力も考え、最長でも一日70km程度にしたい。

そしてもちろん毎日、現地のランナーの方と宴会をかましたい。

難しいのは「どこで宿泊するか」。

なるべく、大きな都市の方が、たくさん飲み会に人が集まってもらえるだろう。

でも、大きな都市を泊まるようなルートを考えると、日により40kmしか走れず、

全県通ろうとすると、8日間では不可能だ。

まともに飲めそうな街をひとつパスするだけで、下手すると40-50km距離が伸びかねない。

 

などと、いろいろと考えあぐねた結果、最終固まったのが、下記のルート。

11205981_10153299887692148_423525637252470719_n (1)

 

1日目(4/29) 鹿児島空港(スタート)→人吉市 64km

2日目(4/30) 人吉市→八代市  65km

3日目(5/1) 八代市→菊地市  61km

4日目(5/2) 菊池市→日田市  56km

5日目(5/3) 日田市→佐賀市 65km

6日目(5/4) 佐賀市→佐世保市 67km

7日目(5/5) 佐世保市→唐津市 48km

8日目(5/6) 唐津市→福岡駅(ゴール) 52km

 

あまりメジャーな街で泊まる機会は少ないものの、

この企画の発症の地「佐賀」にも泊まれ、かつ全県しっかり踏破できる!

この地図をフェイスブックで公開するなり、

「宮崎県、薄っ(´・д・`)!」

「大分も、ちょろっとじゃんヽ(`Д´)ノ」

と宮崎・大分県民勢からの逆風が半端ない。

だって、宮崎県も大分県も、一度足踏み入れてしまうと

出てくるまで何日もかかってしまい大変そうなのだ(´・ω・`)。

大分県はかろうじて宿泊もするが、宮崎はほんとわずかにかする程度。

ゆるせ、宮崎(`・ω・´)!!

 

こうして地図の上だけで「とりあえず引いてみた」ルートだったが、

後で思わぬ落とし穴がたくさんあったことには、まだ気がつけていなかった。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です