実家の札幌に、北海道を500km横断マラソンして帰省してみた(全16話):その1「どこから来て、どこへ行くのか?」


 

今年のゴールデンウィークは、

札幌の実家に帰省してきました。

 

 

 

北海道を500km横断、マラソンで。

スクリーンショット 2014-10-26 12.19.08

 

 

僕のブログをご覧頂いた方には今更かもだが、

僕は4年半前まで、35年間運動ゼロ&スーパーインドア派の

ただのメタボでデブなオッサンだったのだ。

 

運動だって、人一倍ニガテ。

部活動は文化系で、体育の成績は常に中か下。

 

360度どっから見ても、

およそ一切の運動とは無縁のまま

一生を終えるハズの人間だったのだ。

 

 

それが、ひょんなキッカケで走り始めて2-4年で

やれゴビ砂漠250km

DD_GOBI_0664

だの、

 

サハラ砂漠250km

426995_10150647157727148_1991291959_n.jpg

だの、

 

なぜだかニンジャ姿で北極点フルマラソン

cropped-477169_10150733271197148_1393183302_o.jpg

だの、

 

はたまた間違ってニンジャ姿で南極100km

cropped-MWK_3741.jpg

だの、

 

挙句の果てにアタカマ砂漠250kmでチーム戦世界一になる

KIZUNA_GOAL

だの

 

「マラソン中毒者(ジャンキー)」という本を出版

マラソン中毒者_(帯付) small4

だの

 

たかだかランナー人生4年半ほどで

もはや、ダイコン姿で1ヶ月に3回100km走る事など日常杉にほどに。

6017_429289953835123_1466760796_n

 

 

 

 

 

「ねぇ、

 

バカなの?(´・д・`)」

 

 

 

そう、毎日、ヨメにお褒め頂くほどまでに

すっかり上りつめて(堕ちきって)しまっていたのだ。

 

 

そうして、2014年がやってきた。

 

もはや、フツーにレースを走って満足できないジブンがそこに居た。

 

とはいえ、チャレンジをしない自分など、許しがたい。

 

立ち止まったら、チャレンジするのをやめたら、

 

そんな人生は生きていたって仕方がない

 

 

 

敢えてキザな言い方を選ぶならば、

 

 

 

 

オレはもはや、

 

 

 

 

 

 

泳ぎ続けないと死ぬ

 

 

マグロだ

 

fish-market-244415_640

こんなカンジ(死んでるけど)

 

 

 

 

これまでの、自分を越えようじゃないか。

 

 

これまで辿り着いたことの無い自分へと、走っていこうではないか。

 

 

オレは、どこから来て、どこへ行くのか。

 

 

 

 

アレ(´・д・`)??

そういや、オレ(小野家)って、

どんな先祖から来てるんだ( ・ω・)モニュ???

 

実家の札幌のオヤジに聞いてみると、

小野家が北海道に入植したルーツとなる方の墓が

北海道にあるそうだ。

 

そして、その方の子孫が、

北海道内の、いくつかの場所に散らばって住み着いたそうだ。

 

そのウチの一人が、オレということだ。

 

 

自分の血の繋がった人々が、北海道の様々な場所に、

その生きた痕跡を残しているかもしれない。

 

 

そうだ!!

オレは、

自分の来たルーツを探す旅をしてみよう。

 

自分の脚で、

自分の生まれ育った北海道を

走って横断しながら。

 

そして、ゴールは、

オレの両親が待つ札幌に帰ろうではないか。

 

 

なんて、ドラマチックな企画なんだ。

 

 

自分が育った札幌を一度離れた自分が、

自分のルーツを探しながら、

ふたたび生まれ戻った土地(札幌)へと帰っていく

 

 

 

そうだ!!

 

 

これは、アレだ!!!!!

 

 

マグロじゃなく、サケだ。
grizzly-221558_640

↑生まれ育った川に必死に帰ってきてたところでクマに喰われるサケの図

 

こうして、

「実家の札幌に、北海道を500km横断マラソンして帰省してみた」

の企画が誕生してしまったのだ。

 

つづく:家の札幌に、北海道を500km横断マラソンして帰省してみた:その2「スゲーぞ、デケーぞ、北海道」へ

 

 

実家の札幌に、北海道を500km横断マラソンして帰省してみた(全16話):その1「どこから来て、どこへ行くのか?」」への6件のフィードバック

  1. HALKA

    はじめまして。
    本日の笑ってこらえてを拝見し、メールをさせて頂きました。

    私は高校3年生です。
    小学校から駅伝を始め、高校2年生まで走ってきました。しかし、小学校、中学校で結果を残して来た中、高校では全くといって結果を残すことが出来なくなり、故障を繰り返したり、体重管理も上手く行かなくなり自分自身を見失ってしまいました。中途半端な気持ちのまま、大学受験に向けて引退し、勉強に専念することを決意しました。やはり、中途半端であったため、勉強上手くいきませんでした。小学校から今まで走りの生活であったのが急にやめてしまったため、生活リズムが180度変わってしまい精神的にも崩れ何をしようともからまわってしまいました。どん底を見たことで、自分の意識の甘さや、行動の情けないなさに改めて感じました。しかし、今日の小野さんを見て背中を押されました。引退から体重も増え、体力、身体を戻すには時間ががかりますが、またあの走る喜びを味わい、両親の笑顔が再び見れるように頑張ります!本当にありがとうごさいました!私も小野さんのように様々なことに挑戦していきたいです。砂漠や北極、南極、すごく興味深いです!月でのマラソンの挑戦、楽しみにしてます!

    柏日体高校3年 鈴木遥香

    返信
    1. hiro876 投稿作成者

      遥香さん、ありがとうございます!生きてるだけで丸儲け。伸ばしていきましょ〜!

      返信
  2. 癒し屋のよめ

    はじめまして!!
    私は癒し屋のよめでブログをしています。

    テレビ拝見しました!!
    行動力の凄さに圧巻でした。

    私は会社員ですが、アロマ、エステ、ネイル等の勉強をしたいと思っています。
    小野さんのように経済力はありませんが、今出来ることはじめて行きたいと思いました。
    40代からでも遅くないですよね!!
    頑張って進んでいこうと思います。

    ありがとうございました。

    返信
  3. たこしゃん

    初めまして。私もこの間、テレビを何気なく見ていたら小野さんの『ポチッ』とに『おお、面白いヤツがいるぅ〜(≧∇≦)』と感銘を受けた者です。
    実は私もつい最近『ポチっと』してしまったばかりで、同じような事する人が世の中にいるんだぁって関心してました。あはは。
    44歳にして登山を始めようと知識もなんもなくただ山に登りたい気持ちだけで山岳会のお仲間に『ポチっと』(笑)
    で今その為の資金作りの為に転職しま〜す(笑)子持ちのバツ1なのに何考えてんだぁですが、気が付いたら転職の為に面接のエントリーまで『ポチっと』してました。
    もちろん、今の仕事を捨てるのは勇気がいります。積み上げてきたものや私を頼りにしてくれるお客様もいます。後悔しないかって聞かれたら『うーん』って考えちゃいますが、でも一度しかない人生だから自分が楽しくなる事しようって・・・入院してた時、決めたんです。
    つい最近までちょっこっとガンの治療なんかしてて一応、今、予後観察なんだけど多分、死ぬまで生きられるし(笑)って事で
    ワクワクする事、求めて生きています^_^
    今日、さっそく小野さんの本まで買っちゃいました✌️早く来い来いAmazon便。
    人見知りで口下手の癖に営業職で、何でかこの仕事好きな癖に辞めるってどういう事?って自分でも思うんですが、よく分からないけど何かが『ポチっと』させてました。この感覚、小野さんならわかりますよね?( ´ ▽ ` )ノ
    これからも時々、ブログ拝見させていただきます。初めてカキコしたのに長々とすみません

    返信
    1. hiro876 投稿作成者

      コメント有難うございます!
      「死ぬまで生きられる」ステキですね!
      有難うございます!

      返信
  4. ママ豆子

    テレビ拝見しました。レベルは全然違いますが、チャレンジするスピリッツ、とりあえず目標決めてそこに突き進む活力、すごく共感しました。
    実は私も、運動とは無縁で育ちました。超インドア(笑)
    メタボが気になり、ウォーキングをスタート。ランニングに移行。スイミングを追加。ついにはトライアスロンに出ちゃいました!
    今はオフシーズンなので、マラソン大会にバンバン出てます。
    5年以内にトライアスロン鉄人レースに出場し完走目指してます。
    全ての大会に1才の子供も同伴。子供担いでフィニッシュテープを毎回切ってます。これからも子供とフィニッシュしていきます。やる気と無限の可能性を再確認させられました。
    ママアスリート頑張ります。
    そして、これからの小野さんを応援してます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です