北海道横断(勝手に600km)マラソン、スタートします


 

今年のゴールデンウィークは、北海道へ旅行に行きます。

 

勝手に北海道横断600kmマラソンしながら(´・д・`)。

 

コース(予定)↓

スクリーンショット 2014-04-29 07.45.13

 

 

旅程(予定)↓

Day1 (4/29) 中標津空港から標津町:22km、標津川温泉ぷるけの館ホテル川畑

Day2 (4/30) 標津町から知床斜里:56km(計78km、根北峠487m越え)、斜里第一ホテル

Day3 (5/1) 知床斜里から北見:77km(計155km)、北見第一ホテル

Day4 (5/2) 北見から足寄:86km(計241km)、にいつ旅館

Day5 (5/3) 足寄から帯広:66km(計307km)、コンフォートホテル帯広

Day6 (5/4) 帯広から富良野:106km(計413km、狩勝峠644m越え)、ホテルサンフラトン

Day7 (5/5) 富良野から美唄:82km(計495km)、美唄ホテルスエヒロ

Day8 (5/6) 美唄から江別から当別:57km(計552km)、ビジネスホテルANDO

Day9 (5/7) 当別-日本海チャプチャプ-テレビ塔45km(計600km)、テレビ塔にお昼にゴール予定

 

2日前に、富士山ぐるり169kmのレースを走った直後なので、

初日は短めでスタートし、実質8日間にてゆったり楽しみつつ。

 

上記の期間は、小野の居場所はコチラのマップ上でリアルリアルでご覧頂けます

 

今回のテーマは2つ。

1つ目は:自分のルーツ(過去)を知る

2つ目は:自分の未来を探る

 

昨年のゴールデンウィークに走った「川の道520km」

東京から新潟までの520kmを5日間半かけて走るレースに参加した。

文字通り心身ともにボロボロになりながらも、

たくさんの仲間の支えがあって、完走できた。

 

今年は、昨年を越えたい。

 

昨年よりも長い距離を、

昨年とは違い「レースでもなんでもない」状態で

サポート等も一切ない環境で、走ってみたい。

そこでは、どんな自分と向き合えるのだろう。

その先には、どんな自分が待っているのだろう。

 

そして、そんな自分が存在しているルーツである、故郷の北海道にて

自分の先祖たちが、どのように生き抜いて来たのだろう。

その片鱗にでも触れることで、

自分の過去を知り、

未来の自分を探っていくキッカケが生まれるかもしれない。

 

ということで、

今日の昼から、走るまんまの格好で羽田から飛行機に乗り

中標津空港に降り立った瞬間から走り始め、

オホーツク海に手をチャプチャプしてから横断を始め、

Day8(最終日前日)当別にて

小野家の家系図で確認できる最古のルーツである、遊佐家(新右衛門)の墓を探し、

最終日は、日本海で手をチャプチャプしてから、実家の札幌へと走ります。

 

途中、何度か電話会議などで仕事もこなしながら

入手したばかりのGoogle Glassで走りながらメールチェックもしながら。

DSC_0659 (1)

 

途中の様子は

ツィッターフェイスブックなどでお楽しみ頂けましたらm(_ _)m。

終了後、もしかしたら、ブログにまとめるかもしれません。

 

期間中、北海道にて、こんなタスキを付けて走る小野を見かけたら

DSC_0641

声のひとつも掛けてみて頂けましたらm(_ _)m。

 

ではッ(`・ω・´)ゞ

 

 

※編集後記

実際に北海道横断アタックしてみた本編はコチラにてお楽しみ頂けます。

全16話と(いつもどおり)長めですが、よろしければゼヒm(_ _)m。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です