オススメ書籍:ダイエットでランしてみる?な方から、エクストリームランナーまで


35年間ロクに運動もせず、運痴でインドア派でデブだったボクが

ランを始めて2年弱で砂漠250kmマラソンを完走したり

3年半後には520kmのレースを完走できるまでになってしまった。

そんなボクによく頂く質問

「オノさん、ランは誰かに習ったのですか(´・ω・`)?」

いいえ、ほとんど、習ったことは無いのです。
(正確には、ランを始めて2年頃ほどに、チーランニングを1時間ほど1回のみ)

ただ、ランを始めた時から、実に様々なランニング本に育ててもらいました。

ボクが超絶ランニング初心者だった時から、

世界中を走りまくるヘンタイランナーになるまで

各ステップでお世話になった本を紹介していきます。

1. ダイエットしてみたい。ジョギング/ランニングをやってみようかな?な方へ


高橋尚子選手を育てた小出監督の名著。

そもそもジョギング/ランニング始めるにはどうしたらいいか?

という方に、まずは読んで欲しい一冊。

ハウトゥー本でもありながら、楽しく読める本でもあります。

 

2. ランを始めて、もう少しちゃんと走ってみようかしらん?/マラソンとか出てみちゃう?な方へ

ランニングハウトゥー本のバイブル。

絵も多く、とても分かりやすい内容。

ランナー初心者から、サブフォー(フルマラソン四時間切り)クラスまでは

この一冊でイケると思います。

実際、ボクはこの2冊だけで、砂漠250kmマラソン完走者になりました。

 

3. ランに興味が無くても、何かを始めてみたい。楽しく、充実して生きたい方へ。

お待たせしました(;・∀・)!

世界の名著、ワタクシめの本でございます。

ランなんてするハズもなかったデブでインドアなボクが、

北極や南極を走ったり、はたまた砂漠マラソンで世界一を獲りに行ったり。

「やれるか、やれないか」ではなく「やってみたいか」へのチャレンジで

未来は劇的にオモシロく変えていける。そんな体験を綴っております。

タイトルはともかく、ランナーはもちろん、ランナー以外の方にこそ読んで頂きたい本です。

えー、本人評はともかく、読者の方から頂いた声は上記リンクより

ぜひ本のレビューをご覧ください。

小学校2年生から、94歳のおばあちゃんまで

愛読頂いてございますm(_ _)m。

長くなったので、このヘンで。

 

4. ランの世界を知り、もっと楽しく、いろんなレースを走ってみたい方へ

世界的に著名な小説家、村上春樹さんは、実はランナーです。

昔から村上春樹ファンながら、その事実を、ランナーになってから知りました。

この本は、読み物としてももちろんオモシロいですし、

ウルトラマラソンやトライアスロンなど、

新たなチャレンジをしたくてたまらなくなる、実にモチベーションがあがる一冊です。

拙著の後に紹介するのはいささか恐縮ですが、よりランナー向けの本でもあります。

 

5. アホな刺激が欲しい方へ。普通のフルマラソンでは物足りなくなってしまった方へ

ヘンタイランナーへの入り口の一冊。

多少クセのある文章かつ長いのですが、実に刺激的な本です。

これをワクワクして読んでしまえる方は、既にヘンタイランナーのタマゴです。

多くのヘンタイランナーを虜にした名著です。

 

6. 普通のウルトラマラソンでは、物足りなくなってしまった方へ。

ようこそ、コチラの世界へ。

ようこそ、ヘンタイランナーワールドへ。

北極、南極、砂漠などなど、世界中の

「アホなんじゃないの(;・∀・)」といったヘンタイレースを

沢山の写真と共に紹介している、英文の本です。

英語ですが、ヘンタイランナーのグラビア写真集としても楽しめます。

 

以上6冊。

他にもいくつか紹介したい本がありますが、

個人的には、これらだけでも十二分に全てのランナー(もしくはランナー候補)をカバーデキると思います。

 

特に、大事なのはこの一冊!


ということで、

ヨロシクお願い致します(`・ω・´)ゞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です