トップページ


最新のブログを読むEnglishEspañol

 【おすすめブログ】

ジャングルマラソン「未」完走記
ジャングルマラソン「未」完走記

2013年10月にブラジルのジャングルを密林、川、沼を7日間、250km走る「ジャングルマラソン」にて、自然や虫、そして人間の脅威へと挑み、「未」完走ながら、壮絶かつ極めて貴重な体験をした物語です。

 

 

UTMB2013完走記

UTMB2013完走記

2013年8月にヨーロッパ最高峰のモンブランを
ぐるっと1周、山道168kmを二晩寝ずに走る
「UTMB:ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」を、
ビデオを自分撮りしながら完走する物語です。

 

 

931300_155754837933053_1990873235_n

川の道520km 完走記

2013年5月に東京→新潟まで520kmを走る
「川の道」を、何度もココロ折れながらも
仲間たちに支えられ完走するまでの物語です。

 

 

KIZUNA_GOAL

アタカマ砂漠250kmマラソン チーム世界一の旅

2013年3月にチリのアタカマ砂漠250kmマラソン (Atacama Crossing 2013) を、ランを初めて2-4年の3名が、チーム戦で世界一にいたるまでの物語です。テッシュ箱必須の感動物語です。

 

 

MWK_3741

南極100kmマラソン

2012年11月に南極大陸で行われた100kmマラソン (Antarctic Ice Marathon & 100k) で、ランをはじめて3年ほどの著者が、笑いあり涙あり出逢いありの旅の末に、世界2位を獲得にいたるまでの物語です。

 

 

DSC01554

北極点マラソン

2012年4月に北極点で行われたマラソン (North Pole Marathon 2012) で、ランをはじめて2年半ほどの著者が氷と寒さに覆われた北極で、苦しみ笑いながらも世界4位を獲得にいたるまでの物語です。

 

 

STAGE_6_FINAL_171

エジプトサハラ砂漠250kmマラソン

2011年11月にエジプトのサハラ砂漠で行われた250kmマラソン (Sahara Race 2011) でラン歴2年強の著者が、号泣しながら真夜中の砂漠を駆け抜け世界8位を獲得にいたるまでの物語です。

 

 

DD_GOBI_0664

中国ゴビ砂漠250kmマラソン

2011年6月に中国のゴビ砂漠で行われた250kmマラソン (Gobi March 2011) でラン歴2年ながらチャレンジし、感染症や遭難の危機を乗り越えながら初めての砂漠レース完走にいたるまでの物語です。

 

 

その他の最新のブログはこちらから

 

【 書籍を出版しました】

マラソン中毒者_(帯付) small4

「マラソン中毒者(ジャンキー) 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン」
(小野裕史著 文藝春秋刊 1,575円)

 35年間、超インドア派で運動とは無縁だった。
中高と、部活は吹奏楽部。
趣味は読書とネットとゲーム。
体育の成績は常に「上中下」の中もしくは下。
そんな僕が、仕事でもなく、単なるダイエットで始めたランニングをキッカケに
本を発売することに。

誰にだって、いつだって、未来は、変えていける。
こんなにもオモシロい未来にたどり着けるなんて。

そんな体験を、少しでも多くの方に共有できれば。
そんな想いとともに書いた本です。

ランに全く興味のない人を含め、老若男女に笑いあり涙ありで

美しい砂漠や北極、南極のカラー写真52ページと共に楽しんで頂ければ。

全国書店、アマゾンなどネット書店でご購入頂けます。
購入ページ(Amazon.co.jp)へ

トップページ」への17件のフィードバック

  1. kazu67_

    某笑顔が作れない人です。
    記事を読んで、非常に面白かったです。
    ホント、小野さん、エンターテイナーですね。

    しかし
    なぜここまで走るのか、続けられるのか、誰もが疑問に思われると思います。
    それは学生アスリートや仕事人にしてもそうだと思うのですが、
    「もうこれしか、ここしか無い」と覚悟を決めている。さらに進んでいくと「ここまでやったんだからもうやめられないでしょ」と自ら追い込んでいるような気がします。

    自分は学生なので、まだふらふらしているというか、確固たる仕事もありません。
    そんな自分でも出来る追い込み、それが「ノーポチ」なんだろうと思います。
    言われてみれば当たり前のことですが「ノーポチ」実践していきます!!そして笑顔!スマイル!!

    返信
  2. 院ちゃん(今田)

    白山白川郷ウルトラで会えるのがたのしみです。

    小野さん、宮古島からダイコン、アタカマ素晴らしいー

    なんか、嬉しい親父の気分(^o^)v

    返信
  3. nagura

    昨夜は未来が広がる 素適なお話をありがとうございました。
    本も読ませていただきました。とても面白く一気に読みました。
    ランニングモチベーションを上げるバイブルにさせていただきます!

    返信
  4. ヨッシー

    題名にやられ、何気無く買いました。すげ〜♪───O(≧∇≦)O────♪

    今週、北上フルです。
    モチベーション上がりました。
    初の3時間半切り、自分に打ち勝ってチャレンジです。

    返信
  5. S-Yamashita

    夜勤明けに一気に読みました。後半は泣きながら読んでました。走る事と人生の奇妙なリンク、ノータイムポチリ、奥様からの愛のある言葉、仮装、妄想等々たくさんの共感出来ることがありました。走力は全く違いますが、来年の北九州、熊本城、さが桜マラソンとフルで被り物で参加します。
    ジャングルから無事に帰られたようで、身体に気をつけて過ごされてください。これからも小野さんに勇気を貰いながら走ります!

    返信
  6. K.SIMOHARA

    テレビの笑ってこらえて!で、特集を拝見しました!!
    凄いの一言です。
    私は、抗がん剤治療で苦しんでいる日本の患者さんを救う活動をしております!!
    抗がん剤治療で、惜しい人を失っているのが日本の現状であり
    その様な日本の環境を変えたいと活動しております!!
    これからも、小野さんの頑張っておられる姿を見て
    私も頑張っていこうと考えております!!
    ありがとうございます。感謝致します。

    返信
  7. 岳人

    所さんの「笑ってコラえて」観てました
    スゲ~の一言に尽きる
    ナセバナル ナサネバナラヌ何事も 君のためにあるのだョ
    運動が苦手な君がよく過酷なレースに挑戦し頂点を究めるまで到達出来ました 感動した!!!
    次の目標 宇宙遊泳? 君なら可能ダ~

    返信
  8. tomogara

    「笑ってコラえて」見ました すごいですね 私は体操競技に親しみ、スポーツ少年団で指導もしながら、それなりに鍛えた筋肉を誇りにしていました が、癌になり闘病生活ですっかりその筋肉が落ちてしまい、その後は運動とは無縁になりました 今回の放送をみて、なんて気軽に走ることをはじめられるんだと、目にうろこです 私も挑戦してみようと思います ありがとう

    返信
  9. いぬゾウ

    夜勤から帰ったら、妻が「アンタ!ええもん観せたげよ!」と言ってTVの小野さんの録画を観せてくれました。
    まず、強烈なショックを受けました。
    俺なんか32年走ってるのになんて小さくてしょぼいんだと・・・。
    そして、感動、涙・・・・俺もやらなきゃ!!

    公務員してますが、40歳を越えたころから1回だけの人生このままでいいんか!?って感じ始め、つい最近職場の上司にポチっとやってしまいました。
    自分にはあるお店をしたい夢がありまして・・・。
    「来春、早期退職を希望します!」って(笑)

    笑い事じゃないんですが・・・・、でも、宣言してしまえばもうそれに向かって進むしかないので、やるしかないです!
    マラソンやトライアスロンで、そういうことはわかっているつもりですが、本気になれていなかったのでしょう。
    小野さんを見習って頑張ります!

    返信
  10. ただし

    いろいろな経験をされている小野さん

    人間の探究心はどこからくるとおもいますか?

    動物は性食睡眠が満たされればそれで満足しますが

    人は何が真実であるか

    人はどこから来てどこへ行くのかなど

    無限の探求心を秘めています

    それらは進化論からくる偶然の延長線上にあるとお考えですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です